エルフ

エルフ: elf、複数形: elfselves)は、ゲルマン神話に起源を持つ、北ヨーロッパの民間伝承に登場する種族である。日本語では妖精あるいは小妖精と訳されることも多い。北欧神話における彼らは本来、自然と豊かさを司る小神族であった。エルフはしばしば、とても美しく若々しい外見を持ち、森や泉、井戸や地下などに住むとされる。また彼らは不死あるいは長命であり、魔法の力を持っている。

J・R・R・トールキンの『指輪物語』では、賢明で半神的な種族である「エルフ」が活躍した。この作品が成功して以降、トールキン風のエルフは現代のファンタジー作品における定番となった。

名称

英語では、エルフ(elf)の複数形は、elfs, あるいはelvesである。エルフとの関係やエルフの性質をあらわす形容詞に、elven, elvish, elfin, elfishがある。現代ファンタジーにおける慣例では、綴りに「v」を含む形容詞elven, elvishは、人間型のエルフに使われる。これはヴァイキング時代の北欧神話のエルフ像と一致する。綴りに「f」を含む形容詞elfin, elfishは、小柄なエルフに使われる。これは伝承上のエルフや、ルネサンス期、ロマン主義期のエルフ像と一致する。

欧州各国では以下のように呼ばれる、

  • ドイツ: Elfen, Elben
  • イギリス: addler(ただし廃語)
  • オランダ: Elfen, Alfen, Elven
  • デンマーク: alfer, elvere, elverfolk、ellefolk、huldrer
  • アイスランド: álfar, álfafólk, huldufólk(Huldufólkは英語のhidden peopleの意)
  • ノルウェー: alver, alfer, elvefolk
  • スウェーデン: alfer, alver, älvor(Älvorは英語でfairyと訳される)

elf, álfとそれに関係する単語は、印欧祖語で「白い」を意味する、albhに由来する。albhはまた、ラテン語で「白い」を意味するalbusや、ポルトガル語や英語のアルビノの語源でもある[1][2]

他の言語で
Afrikaans: Elf (mitologie)
azərbaycanca: Elflər
беларуская: Эльфы
беларуская (тарашкевіца)‎: Эльфы
български: Елфи
català: Elf
čeština: Elf
dansk: Elverfolk
Deutsch: Elfen
Zazaki: Elf
Ελληνικά: Ξωτικά
English: Elf
Esperanto: Elfo
español: Elfo
euskara: Elfo
suomi: Alfit
français: Elfe
galego: Elfo
hrvatski: Vilenjak
magyar: Álfok
Հայերեն: Էլֆեր
Bahasa Indonesia: Peri (mitologi Jermanik)
Ido: Elfo
íslenska: Álfur
italiano: Elfo
ქართული: ელფები
қазақша: Эльфтер
한국어: 엘프
Latina: Alfus
lietuvių: Elfai
latviešu: Alfi
norsk nynorsk: Alv
norsk: Alv
português: Elfo
română: Elf
русский: Эльфы
Scots: Elf
srpskohrvatski / српскохрватски: Vilenjaci
Simple English: Elf
slovenčina: Elf
српски / srpski: Вилењаци
svenska: Alver
ไทย: เอลฟ์
Türkçe: Elf
українська: Ельфи
vèneto: Salbaneło
walon: Efe (tolu)
中文: 精靈