エルネスティン家

エルネスティン家
Ernestiner
主家ヴェッティン家
創設1485年
家祖エルンスト
現当主ミヒャエル・ベネディクト
民族ドイツ人
分家ザクセン=ヴァイマル家
ザクセン=アイゼナハ家
ザクセン=アルテンブルク家
ザクセン=マイニンゲン家
ザクセン=ゴータ=アルテンブルク家
ザクセン=ヒルトブルクハウゼン家
ザクセン=コーブルク=ゴータ家
著名な人物ザクセン選帝侯フリードリヒ3世
エルネスティン家の始祖、選帝侯エルンスト

エルネスティン家またはエルネスティン系ドイツ語: Ernestiner)は、ドイツザクセン地方を支配していたヴェッティン家の分枝。家名は始祖のザクセン選帝侯エルンストに由来し、エルンスト系と呼ばれることもある。1464年から1547年まで選帝侯の地位にあった。選帝侯位は後に失うことになるが、諸分家はドイツの領邦エルネスティン系諸公国英語版)として存続した。