エルジェーベト (ハンガリー王女)

エルジェーベト
Erzsébet
Cholerabrunnen Dresden 5.jpg
エリーザベト・フォン・テューリンゲン(マティアス・グリューネヴァルト作)
出生 (1207-07-07) 1207年7月7日
シャーロシュパタク城
死去 (1231-11-17) 1231年11月17日(24歳没)
マールブルク
配偶者テューリンゲン方伯ルートヴィヒ4世
子女ヘルマン2世
ゾフィー
ゲルトルート
父親ハンガリーエンドレ2世
母親ゲルトルート・フォン・アンデクス
テンプレートを表示
エルジェーベト
Biserica Minoritilor din Cluj - Sf. Elisabeta de Thuringia.jpg
生誕1207年7月7日
シャーロシュパタク城
死没1231年11月17日
マールブルク
崇敬する教派カトリック教会聖公会ルーテル教会
列聖日1235年5月27日
列聖決定者グレゴリウス9世
主要聖地聖エリザベート教会
記念日11月17日(正式には11月19日

エルジェーベト(Erzsébet, 1207年7月7日 - 1231年11月17日)は、ハンガリーエンドレ2世メラーノ公女ゲルトルードの娘。テューリンゲン方伯ルートヴィヒ4世の妻。ドイツ名のエリーザベト(Elisabeth)でエリーザベト・フォン・ウンガルン(Elisabeth von Ungarn)、あるいはエリーザベト・フォン・テューリンゲン(Elisabeth von Thüringen)とも呼ばれる。また、ローマ教皇グレゴリウス9世により列聖され、聖エルジェーベト聖エリーザベト聖エリザベートなどとして知られ、11月17日(正式には11月19日)が祝日。カトリック教会聖公会ルーテル教会で聖人。日本のカトリック教会では聖エリザベト(ハンガリー)修道女としても知られる[1]

他の言語で
brezhoneg: Elesbed Hungaria
Bahasa Indonesia: Erzsébet dari Hongaria
Lëtzebuergesch: Elisabeth vun Thüringen
slovenščina: Elizabeta Ogrska