エリック・シュピーカーマン

Spiekermann, 2014
エリック・シュピーカーマンのデザインによるタイプフェイスのサンプル

エリック・シュピーカーマン (Erik Spiekermann,1947年5月30日 −)はドイツタイポグラファーデザイナーである。ブレーメン美術大学教授。

経歴

自宅の地下室で金属活字による印刷所を経営しながら[1]ベルリン自由大学で美術史を学んだ。1972年から1979年の間はフリーランスのグラフィックデザイナーとしてロンドンで活動し、ベルリンに戻った後、2人の恊働者とともに事務所 MetaDesignを開設。

1989年、妻ジョアン(Joan Spiekermann)とともに、メール・オーダーでデジタル・フォントの配給に対応する業界初のフォントショップ、 FontShopを開く。同ショップは現在FontShop Internationalに名を改め、FontFont[2]を通じて多様なフォントを販売している。

MetaDesignではいわゆるドイツ的清潔さを押し出したインフォメーション・デザインを複雑なコーポーレート・デザインに応用するアプローチで、BVG(ベルリン交通)やデュッセルドルフ空港、アウディフォルクスワーゲン、ハイデルベルク・プリンティングなどをクライアントに仕事を行った。

2001年、ポリシーの不一致からMetaDesignを離れ、ベルリン・ロンドン・サンフランシスコを拠点にUDN(United Designers Networks)を創設。

2006年4月、デザインへの貢献に対しパサデナのアート・センター・カレッジ・オブ・デザイン(Art Center College of Design)により名誉博士号を授与されている[3]

クリスチアン・シュヴァルツ(Christian Schwartz)とともにデザインしたドイチェ・バーン(ドイツ鉄道)のための書体は2006年のドイツ連邦デザイン賞ゴールド・メダルを受賞している。この賞はこの分野でドイツ最高の賞である[3]

2007年、UDNはSpiekermanPartnersに名を改めた。

他の言語で
français: Erik Spiekermann
Bahasa Indonesia: Erik Spiekermann
Nederlands: Erik Spiekermann
português: Erik Spiekermann