エボラ川

エボラ川フランス語: Rivière Ebola英語: Ebola River)は、中部アフリカに流れる小さなの1つである。コンゴ民主共和国(旧ザイール)の北部で中央アフリカ共和国に接する赤道州に位置する。コンゴ民主共和国を流れ、Mongala Riverを経て、コンゴ川に注いでいる。

現地では、ンバンディ語英語版で、Legbala(白い水、の意)と呼ばれる。これがフランス語で転訛しEbolaと呼ばれるようになった[1]

1976年に確認されたエボラ出血熱の最初の患者の出身地はエボラ川の付近なので、この病気にエボラの名がつけられた[2][3]

脚注

  1. ^ Dot Wordsworth How Ebola got its name » The Spectator (2014年10月25日) 2014年11月27日閲覧
  2. ^ エボラ‐しゅっけつねつ 【エボラ出血熱】(デジタル大辞泉 / コトバンク)、“名称は、ザイール(現コンゴ民主共和国)のエボラ川近くに住む患者からウイルスが発見されたことに由来する。”。
  3. ^ エボラ出血熱:死者最悪672人 西アフリカ中心に拡大”. 毎日新聞 (2014年7月30日). 2014年8月2日閲覧。
他の言語で
беларуская: Эбола
български: Ебола (река)
català: Riu Ebola
čeština: Ebola (řeka)
Deutsch: Ebola (Fluss)
Ελληνικά: Ποταμός Εμπολά
English: Ebola River
Esperanto: Ebolo (rivero)
español: Río Ébola
euskara: Ebola ibaia
français: Ebola (rivière)
galego: Río Ebola
hrvatski: Ebola (rijeka)
Bahasa Indonesia: Sungai Ebola
íslenska: Ebólafljót
italiano: Ebola (fiume)
Basa Jawa: Kali Ebola
한국어: 에볼라 강
Nederlands: Ebola (rivier)
português: Rio Ebola
română: Râul Ebola
русский: Эбола (река)
svenska: Ebolafloden
українська: Ебола (річка)
Tiếng Việt: Sông Ebola
中文: 伊波拉河