エドマンド殉教王

聖エドマンド殉教王
St Edmund the Martyr
イースト・アングリア王
200
在位855年12月25日 - 869年11月20日
出生841年
ニュルンベルク (伝説)
死去869年11月20日
史的:サフォーク州ホクスン、可能性:ケンブリッジシャーDernford
埋葬ベリー・セント・エドマンズ
オズワルドもしくは/および エセルレッド2世
父親アルクムンド (伝説)、エセルワード
母親Siwara (伝説)
テンプレートを表示
エドマンド殉教王
殉教王
他言語表記King and Martyr
崇敬する教派正教会ローマ・カトリック聖公会
記念日11月20日
象徴王としての戴冠と衣装。剣もしくは矢、オーブ、錫を持つ。
守護対象ドゥエ・アビー (Douai Abbey)、王、はやり病、拷問の犠牲者、ローマカトリックのイーストアングリア司教区、サフォーク州、トゥールーズ、オオカミ

エドマンド殉教王 (Edmund the Martyr。841年 - 869年11月20日) はイースト・アングリアの王であった殉教者。まだ若い855年にイースト・アングリアの王位を継いだ。最初期の、そしてもっとも信頼できる史料においてエドマンドは先のイースト・アングリア王であるWuffingの家系の子孫であるとしており、別の史料では彼の父親はイースト・アングリア王エセルワード (en:Æthelweard of East Anglia) であるとする。ウェルズのジェフリー (en) は、彼をサクソン人の王であるアルクムンド (Alcmund) の末子であると主張する。エドマンドは855年のクリスマスにエルムハム司教 (Bishop of Elmham) のハンベルタス (en) によって戴冠させられたといわれていた。

869年にエドマンドは大異教徒軍 (en:Great Heathen Army) との戦いで敗北し捕らえられ、拷問の末に殺され殉教者となった。彼は正教会ローマ・カトリック、そして聖公会において列聖されている。王の身体は最終的にBeadoriceworth (現ベリーセントエドマンズen:Bury St Edmunds) に埋葬され、彼の墓への巡礼は12世紀に入って修道士たちによって教会が拡張されるとより活発になった。アングロ・ノルマン貴族らのエドマンドに対する人気は、ノルマン朝はそれ以前の伝統と連続性があるという主張を正当化するのを助けていた。エドマンドの紋章旗はアジャンクールの戦いにおいて掲げられた。

他の言語で