エスタディオ・ラティーノアメリカーノ

エスタディオ・ラティーノアメリカーノ
Estadio Latinoamericano
エスタディオ・ラティーノアメリカーノ
施設データ
所在地 キューバ
ハバナ
座標北緯23度7分6秒 西経82度22分34秒 / 北緯23度7分6秒 西経82度22分34秒 / 23.11833; -82.37611
開場1946年10月26日
所有者キューバ政府
グラウンド天然芝
建設費約200万ドル
旧称グラン・エスタディオ・デ・ラ・アバナ(1946 - 1961)
使用チーム • 開催試合
CNS / レオネス・デ・インダストリアレス(1962 - )
CNS / ゲレーロス・デ・メトロポリタノス(1974 - 2012)
収容能力
31,000人(開場時) 、55,000人(1971年)
グラウンドデータ
球場規模両翼325フィート(約99.1メートル)
中堅400フィート(約121.9メートル)

エスタディオ・ラティーノアメリカーノEstadio Latinoamericano)は、キューバの首都ハバナにあるスタジアム1946年にオープンして以来、主に野球に使用されており、キューバ国内野球リーグセリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル所属の名門チーム、レオネス・デ・インダストリアレス本拠地である。ラテンアメリカ野球場の中では最大の収容人数55,000人を誇る[1]

ボビー・マドゥーロが約200万ドルを出して構築を支援し、1946年10月26日に開場した。当初はグラン・エスタディオ・デ・ラ・アバーナGran Estadio de La Habana)の名称で呼ばれた。1954年創設のマイナーリーグのハバナ・シュガーキングスが本拠地球場として使用していた。1961年にプロリーグリーガ・クバーナ・デ・ベイスボルが廃止され、球場の名称も現在のものに変更された。

1956年にはフルヘンシオ・バティスタ政権の独裁に反対してホセ・アントニオ・エチェベリア率いる学生デモが行われた場所でもある。人気ダンサーの公演やボクシングの試合を含む、多様な目的に利用されている。1971年に改修され、55,000人の観客を収容することが可能になった。

1999年3月28日にボルチモア・オリオールズ対キューバ代表の親善試合が開催され、フィデル・カストロ国家評議会議長がボルチモア・オリオールズピーター・アンジェロスオーナーMLBバド・セリグコミッショナーの間に座り、ボックス席で観戦した。

  • 脚注

脚注

  1. ^ El estadio Latinoamericano cumple 62 años de historia beisbolera y cultura nacional cubana” (スペイン語). BaseballdeCuba.com. 2013年4月11日閲覧。
他の言語で