エグゾセ

エグゾセ
Exocet AM39 P1220892-detoured.jpg
航空機発射型AM39 エグゾセ
種類中距離対艦ミサイル
原開発国フランスの旗 フランス
開発史
製造業者MBDA
値段MM38:45万ドル
AM39:65万ドル
SM39:85万ドル
MM40:60万ドル
※いずれも輸出時
製造数MM38:1,262発
AM39:714発
SM39:24発
MM40:399発
1986年時点
諸元

誘導方式中途航程:慣性誘導
終末航程:ARH誘導
発射
プラットフォーム
  • MM38 水上艦発射型
  • AM39 航空機発射型
  • SM39 潜水艦発射型
  • MM40 水上艦発射型
テンプレートを表示

エグゾセ[脚注 1]フランス語: Exocet:フランス語でトビウオの意)は、フランスアエロスパシアル(現MBDA)が製造する対艦ミサイルである。フランス語としての正しい発音は[ɛgzosɛt]であり、同じつづりの語exocet[ɛgzosɛ]「トビウオ」と違い、語尾の t を発音するのが普通である。英語では[éksəset]などと発音される。

水上艦(地上も含む)発射型のMM38、改良型のMM40、航空機発射型のAM39、潜水艦発射型のSM39と多くの派生型が開発されている。フォークランド紛争の実戦で使用されたこともあり、西側諸国艦対艦ミサイルとしてはもっともよく知られた機種のひとつである[1]

来歴

開発は、1967年よりアエロスパシアル社によって着手された。1968年10月、フランス海軍の発注とともに、初めて公表された。また、1972年には航空機発射型のAM39の最初の試験が行われた。潜水艦発射型のSM39は1979年に初めて公表され、1981年に「アゴスタ」から最初の試射が行われた[1]

語源

ミサイルの名称は、ノール・アビアシオンの技術者であったM. Guillotによって与えられた[2]フランス語トビウオを意味し、ギリシャ語ἐξώκοιτοςを起源とする。

他の言語で
العربية: إكزوست
български: Екзосе
català: Exocet
čeština: Exocet
dansk: Exocet
Deutsch: Exocet
English: Exocet
español: MBDA Exocet
فارسی: اگزوسه
suomi: Exocet
français: Exocet (missile)
עברית: אקסוסט
hrvatski: Exocet
magyar: AM.39 Exocet
Bahasa Indonesia: Exocet
italiano: Exocet
Basa Jawa: Exocet
한국어: 엑조세
Bahasa Melayu: MBDA Exocet
Nederlands: Exocet
norsk: Exocet
polski: Exocet
português: MBDA Exocet
русский: Exocet
Simple English: AM-39 Exocet
slovenščina: Exocet
svenska: Exocet
українська: Exocet
Tiếng Việt: Exocet