エウセビオス

カエサレアのエウセビオス

カエサレアのエウセビオスΕυσέβιος, Eusebios, 263年ごろ - 339年5月30日)は、ギリシア教父の一人であり、歴史家にして聖書注釈家。314年前後からカエサレア・マリティマ(パレスティナ)の司教主教)を務めた。その師パンフィロスとともに正典の確定に関わり、『福音の論証』『福音の備え』『福音間の矛盾について』といった、聖書テキストの研究を残す。またとりわけ歴史著述において、彼をして後世「教会史の父」と呼ばわしめた代表作『教会史』が知られるほか、『パンフィロスの生涯』『年代記』『パレスティナ殉教者列伝』といった業績がある。自ら「パンフィロスの(息子)エウセビオス」を名乗ったといわれる[1]日本正教会ではエウセウィと転写される。

他の言語で
azərbaycanca: Yevsevi
English: Eusebius
Bahasa Indonesia: Eusebius dari Kaisarea
Lingua Franca Nova: Eusebio de Cesarea
македонски: Евсевиј Кесариски
Bahasa Melayu: Eusebius dari Kaisaria
Scots: Eusebius
srpskohrvatski / српскохрватски: Euzebije iz Cezareje
slovenščina: Evzebij Cezarejski
Türkçe: Eusebius
Tiếng Việt: Eusebius
Winaray: Eusebio