ウェスパシアヌスとティトゥス神殿

Rmn-social-header-1-.svg
ウェスパシアヌスとティトゥス神殿
Templum Vespasiani et Titi
RomaForoRomanoTempioVespasiano.JPG
ウェスパシアヌスとティトゥス神殿
所在地第8区 フォルム・ロマヌム
建設年紀元79年
建設者ティトゥスドミティアヌス
建築様式古代ローマの神殿
関連項目無し
Blue pog.svg
'
Red pog.svg
フォルム・ロマヌム内での位置(赤丸)

ウェスパシアヌスとティトゥス神殿ラテン語: Templum Vespasiani et Titi[1]イタリア語: Tempio di Vespasiano e Tito)は、ローマフォロ・ロマーノ西端、サートゥルヌス神殿コンコルディア神殿の間にあった神殿である。ウェスパシアヌス帝と息子のティトゥス帝を神格化して祭っている。ウェスパシアヌスの死後、ティトゥス治世下の紀元79年に着工した。ティトゥスの弟ドミティアヌス帝が紀元87年ごろ完成させ、ティトゥスウェスパシアヌスを祭る神殿とした。単にウェスパシアヌス神殿と表記されることもある。

他の言語で