ウィルミントン (デラウェア州)

ウィルミントンのダウンタウン

ウィルミントンWilmington)は、アメリカ合衆国デラウェア州北部に位置する商業都市。フィラデルフィアの南西約40kmに位置し、フィラデルフィア大都市圏の南端をなす。人口は71,988人(2004年推計)で同州最大である。同市はアメリカ合衆国3大財閥のひとつで、世界第2の化学会社であるデュポン創業の地・本社所在地として知られる。また、同市はアメリカ合衆国の金融センターとしての役割も大きく担っている。

市名はイギリス国王ジョージ2世の首相であったウィルミントン伯爵スペンサー・コンプトン(Spencer Compton)に由来している。

歴史

この一帯には、1638年スウェーデン人とフィンランド人の入植者たちによって、ニュースウェーデン(New Sweden)という入植地が建設された。入植地は1655年にはオランダ人の手に渡り、1664年にはイギリスの支配下に置かれた。この頃はクエーカーの影響も強く受けていた。1739年、イギリス国王ジョージ2世の命により市名は首相のウィルミントン伯爵、スペンサー・コンプトンにちなんでウィルミントンと改められた。

南北戦争中、デラウェア州は正式には連邦側であったが、実際にはウィルミントンを含む州の北部は連邦側、州の南部は南部連合側と分かれていた。戦中に戦争需要で産業が発展し、市は大きく発展した。当時ウィルミントンは船舶・列車車両・火薬・靴・テント・軍服・毛布その他あらゆる戦争関連品を生産していた。商工業が発展するにつれて住民は西側に大きな家を建てるようになり、市域が拡大した。1864年にデラウェア通りに馬車が走るようになると、こうした動きがますます顕著になっていった。1868年には、ウィルミントンの造船業シェアは全米の50%を超え、デュポンをはじめとする火薬産業でも全米1位、馬車・皮革は全米2位と、全米でも有数の工業都市であった。19世紀末には、公園も整備されていった。

4thストリート。近辺は1900年代の古い建物が建ち並んでいる。

1860年には人口は21,250人であった。1920年頃には、市の人口は110,168人を数えるほどに成長した。2度の世界大戦中には造船・製鉄・機械・化学産業の需要が高まり、市の産業はさらに発展した。また、この頃自動車皮革・被服産業も発展した。

1950年代に入ると、ウィルミントンの市外を貫くように州間高速道路I-95が完成し、郊外で人口が増えるようになった。しかし、ダウンタウンからは人口が流出し、市の人口は減り始めた。1950-60年代にかけて市の再開発が進められたが、市中心部のセンター・シティ地区やイーストサイド地区の住居が取り壊されただけに終わった。次いで1968年マーティン・ルーサー・キング暗殺を受けて暴動が起こり、市外への人口流出に拍車をかけた。

1980年代に入ると、ウィルミントンは金融センターとして発展を遂げていくようになった。1981年金融センター開発法(Financial Center Development Act of 1981)が施行され、デラウェア州内における銀行業務が大幅に自由化された。次いで1986年には、州は国際的金融・保険会社を惹きつけるべく州法改正を行った。これらの改革により、国内外の主要銀行や保険会社、クレジットカード会社がウィルミントンに拠点をおくようになった。

ウィルミントンの位置
他の言語で
eesti: Wilmington
Kreyòl ayisyen: Wilmington, Delaware
Bahasa Indonesia: Wilmington, Delaware
Latina: Vilmingtonia
lietuvių: Vilmingtonas
latviešu: Vilmingtona
Bahasa Melayu: Wilmington, Delaware
norsk nynorsk: Wilmington i Delaware
srpskohrvatski / српскохрватски: Wilmington, Delaver
Simple English: Wilmington, Delaware
oʻzbekcha/ўзбекча: Wilmington (Delaware)
Tiếng Việt: Wilmington, Delaware
Bân-lâm-gú: Wilmington (Delaware)