ウィリー・メイズ

ウィリー・メイズ
Willie Mays
Willie Mays and Roy Campanella NYWTS.jpg
ウィリー・メイズ(左)と ロイ・キャンパネラ(右)
基本情報
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地アラバマ州ウェストフィールド
生年月日(1931-05-06) 1931年5月6日(87歳)
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション外野手(主に中堅手
プロ入り1950年
初出場1951年5月25日
最終出場1973年9月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年1979年
得票率94.68%
選出方法全米野球担当記者協会選出

ウィリー・ハワード・メイズWillie Howard Mays, 1931年5月6日 - )はアメリカ合衆国アラバマ州ウェストフィールド出身のプロ野球選手中堅手)。右投右打。ニックネームは「セイ・ヘイ・キッド(The Say Hey Kid)」。

メジャーリーグ史上最高の「コンプリート・プレイヤー」と称され、史上最高の中堅手と評価されることが多い[1][2]

経歴

ジャイアンツ時代

ニグロリーグでのプレーを経て、1950年、ニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)と契約。

1951年にAAA級の ミネアポリス・ミラーズで35試合に出場して打率.477を記録し、同年の5月25日にメジャーデビューを果たした。当初は12打数連続で安打を放てずにいたが、13打数目でウォーレン・スパーンからメジャー初安打・初本塁打を記録[3]。このシーズンは121試合に出場し、打率.274・20本塁打・68打点を記録し、新人王に選出された。

1952年に34試合に出場した後、朝鮮戦争に従軍し、一時的に野球を離れる。

1954年に復帰。打率.345で首位打者のタイトルを獲得し、41本塁打・110打点の活躍でMVPに選出された。ジャイアンツはナリーグのペナントを制し、ワールドシリーズではクリーブランド・インディアンスを4連勝で下してワールドチャンピオンとなる。このワールドシリーズの第1戦で、メイズは「ザ・キャッチ」として語り継がれる伝説的ファインプレーを披露している[4]

1955年には51本塁打を放ち、最多本塁打のタイトルを獲得。また、24歳137日で達成したシーズン50本塁打2007年プリンス・フィルダー(23歳139日)に更新されるまでメジャー最年少記録だった[5]

1956年は36本塁打・40盗塁を記録。

1957年は35本塁打・36盗塁で2年連続して30本塁打・30盗塁を達成。

1957年シーズン終了後ジャイアンツは本拠地をニューヨークからサンフランシスコへ移転。新しいホームグラウンドのキャンドルスティック・パークはレフトからホームへ海からの強風が吹きこみ、メイズの引っ張った打球も強風で押し戻されることが多かったが[4]20-20-20を達成。

1962年にはシーズン49本塁打で2回目の最多本塁打のタイトルを獲得。

1965年には2回目のMVPに選出され、同時に自己最多の52本塁打を記録した。このシーズンの8月には17本塁打を放ち、月間本塁打のナ・リーグ新記録を樹立[6]し、9月13日に通算500本塁打を達成した。

1966年5月4日に通算512本目の本塁打を放ち、メル・オットのナ・リーグ通算最多本塁打記録を更新[6]

しかし、1966年以降はシーズン30本塁打や100打点を記録することはできず、成績は徐々に下降線をたどる。

1967年は不調が続き、スポーツ・イラストレイテッド誌は「メイズの両目の下にはクマができている。おそらく不振で眠れないのだろう。すでに36歳。エネルギッシュで颯爽としていたプレーは、過去のものとなってしまった」との記事を掲載した。これに対し、メイズは反論をせず、記事を認めるコメントをしている[4]。その一方で1970年1月17日に「スポーティング・ニュース」はメイズを1960年代最高の選手(Player of the Decade)に選出した[6]

メッツ時代

1972年5月12日に チャーリー・ウィリアムズと金銭50,000ドルでニューヨーク・メッツへトレード移籍[7]

引退後

1973年に現役を引退した。

メイズの背番号24」は1972年にジャイアンツの永久欠番となった[8]

1979年、432票中409票(94.68%)の得票で有資格初年度にアメリカ野球殿堂入りを果たした[9]

1979年10月29日に、カジノ経営に絡む企業の仕事を受けたとして、MLBコミッショナーのボウイ・キューンから追放処分を受ける。同様の処分は1983年にミッキー・マントルにも科せられていたが、1985年3月18日にMLBコミッショナーのピーター・ユベロスが2人の追放を解除している[10]

他の言語で
العربية: ويلي ميس
asturianu: Willie Mays
čeština: Willie Mays
Deutsch: Willie Mays
English: Willie Mays
español: Willie Mays
français: Willie Mays
italiano: Willie Mays
한국어: 윌리 메이스
latviešu: Villijs Mejs
Malagasy: Willie Mays
Nederlands: Willie Mays
polski: Willie Mays
português: Willie Mays
русский: Мейс, Уилли
Simple English: Willie Mays
svenska: Willie Mays
українська: Віллі Мейс
Winaray: Willie Mays