イン・メディアス・レス

イン・メディアス・レスラテン語In medias res or medias in res、「物事の中途へ」の意味)とは、物語を最初から語る(アブ・オーウォー Ab ovo「卵から」またはアブ・イニティオーab initio「開始から」)代わりに、中途から語りだす文学芸術技法のこと。登場人物・舞台設定・葛藤は一連のフラッシュバックもしくは過去の事件に関係する登場人物を通して紹介されることが多い。おそらく起源は口承で、叙事詩では慣例だった。ホメーロスの『オデュッセイア』、『イーリアス』に使われている[1]他、ポルトガル文学では『ウズ・ルジアダス』、ドイツ文学では『ニーベルンゲンの歌』、インド文学では『マハーバーラタ』、フィンランド文学では『カレワラ』が「イン・メディアス・レス」で始まる。ウェルギリウスの『アエネイス』はホメーロスを模倣したもので[1]トルクァート・タッソの『解放されたエルサレム』、ジョン・ミルトンの『失楽園』、ダンテの『神曲』地獄篇がそれに続く[2]

語源

「In medias res」も「ab ovo」もともにローマの詩人ホラティウスの『詩論』の147-148行に由来する。ホラティウスは叙事詩について次のように意見を述べている。「彼はトロイア戦争を双子の卵から始めることもせず、常に本筋に急きたて、聴き手を物事の中途に(In medias res)連れ去る」。ここで言う「双子の卵」とは、トロイア戦争の原因となったヘレネークリュタイムネーストラーが白鳥の姿に化けたゼウスに犯されたレーダーの生んだ卵から生まれたとする神話への言及である。なお、「ニーベルンゲンの歌」は必ずしもイン・メディアース・レースには該当しない。

他の言語で
català: In medias res
Deutsch: In medias res
Ελληνικά: In medias res
English: In medias res
español: In medias res
français: In medias res
עברית: In medias res
hrvatski: In medias res
italiano: In medias res
latviešu: In medias res
Nederlands: In medias res
português: In medias res
română: In medias res
русский: In medias res
slovenčina: In medias res
српски / srpski: In medias res
svenska: In medias res
中文: 攔腰法