インドスクス

インドスクス
生息年代: 69 Ma
O
S
D
C
P
T
J
K
N
Indosuchus.jpg
休息姿勢
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
: アベリサウルス科 Abelisauridae
亜科 : カルノタウルス亜科 Carnotaurinae
: Indosuchus
Huene & Matley, 1933
: I. raptorius
学名
Indosuchus raptorius
Huene & Matley, 1933

インドスクス Indosuchus raptorius白亜紀後期( マーストリヒチアン、7000-6600万年前)に生息した アベリサウルス科の 獣脚類。他の獣脚類のように、 肉食性二足歩行する。全長は6m程度と推定され、頂部が平坦になった、鶏冠のある頭骨を持っていた。

命名

1932年、 Friedrich von Hueneによって命名され [1]Charles Alfred Matleyジャバルプル近郊の ラメタ累層英語版で発見した3個の部分的な頭骨に基いて、1933年、HueneとMatleyによって 記載された [2]レクトタイプにGSI K27/685が指定されている [3]

属名は 古典ギリシャ語Indosインダス)・Soukhos(エジプトの ワニの神)に由来する。 種小名 raptorius はラテン語で"猛禽"を意味する。

他の言語で
čeština: Indosuchus
Deutsch: Indosuchus
English: Indosuchus
español: Indosuchus
suomi: Indosuchus
français: Indosuchus
Nederlands: Indosuchus
ଓଡ଼ିଆ: Indosuchus
polski: Indozuch
português: Indosuchus
русский: Indosuchus
Tiếng Việt: Indosuchus