イングランド内戦

清教徒革命の勢力図概要

イングランド内戦(イングランドないせん、英語: English Civil War)は、清教徒革命におけるイングランド騎士党Cavaliers、国王派)と円頂党Roundheads、議会派)の間で行われた軍事衝突である。

概要

1642年に始まった国王軍と議会軍の 第一次イングランド内戦英語版1642年 - 1646年)は、当初国王軍に有利に推移したが、議会派の組織改革などによって議会軍が勝利した。つづいて勝利した議会派内でも深刻な対立を招き、長老派対独立派の争いは次第に議会対軍・民衆という構図にかわってゆき 第二次イングランド内戦英語版1648年 - 1649年)は、1649年に国王の処刑と共和政のイングランド共和国樹立という帰結にいたった。 第三次イングランド内戦英語版1649年 - 1651年)は、1651年にウスターの戦いBattle of Worcester)でチャールズ皇太子(後のチャールズ2世)が敗れ、大陸へ亡命して終結した。

他の言語で
беларуская (тарашкевіца)‎: Ангельская рэвалюцыя
Bahasa Indonesia: Perang Saudara Inggris
Lëtzebuergesch: Englesch Revolutioun
Bahasa Melayu: Perang Saudara England
Plattdüütsch: Ingelsche Börgerkrieg
srpskohrvatski / српскохрватски: Engleski građanski rat
Simple English: English Civil War
татарча/tatarça: Инглиз инкыйлабы
Tiếng Việt: Nội chiến Anh
中文: 英國內戰
Bân-lâm-gú: Eng-lân Lōe-chiàn