イタリア王国 (中世)

イタリア王国
ランゴバルド王国774年[1] - 1797年[2]チザルピーナ共和国
イタリアの位置
947年の西ヨーロッパ。ピンクがイタリア王国の版図。西フランク王国(赤)、東フランク王国(緑)、アルル王国(オレンジ)が見える。メルセン条約が成った時点ではオレンジで示した地域のほとんどがイタリア王国であった(東フランクとの国境が図より少し南だった)。
首都パヴィア(11世紀まで)
イタリア王皇帝
774年 - 814年カルロ1世(初代。フランク王を兼ねる)
855年 - 875年ロドヴィコ2世(イタリア独自の王として初代)
888年 - 924年ベレンガーリオ1世[3]
951年 - 973年オットーネ1世(神聖ローマ皇帝)[4]
1002年 - 1004年アルドゥイーノ(イタリア独自の王として最後)[5]
変遷
カルロ・マーニョのイタリア王戴冠774年
イタリア王国として独立855年
無秩序時代の開始888年
神聖ローマ帝国の支配下となる963年
一時的に独立(2年間)1002年

イタリア王国ラテン語:Regnum Italiae または Regnum Italicum)は、ドイツブルグントと共に中近世の西欧におけるローマ帝国、すなわち神聖ローマ帝国を構成した王国である。名目上はローマ帝国の中核となる国であるが、実際にはフランク王国東フランク王国ドイツ)の従属国だった。8世紀後半に成立して以来1000年以上の歴史を持つが、政治的に独立していたのは9世紀から10世紀にかけての100年足らずだった。歴史的経緯から領域は北部および中部イタリアに留まり、ヴェネツィア共和国南イタリアシチリア王国)を含まない。11世紀まで首都はパヴィアとされた。13世紀には政体としての実態が失われ、16世紀後期にはイタリア王の称号もローマ皇帝位に統合されて消えた。一方でローマ皇帝を頂点とする封建的ネットワークは18世紀末まで維持され、「帝国イタリア」と呼ばれた中北部イタリアはヴェネツィア共和国、教皇領シチリア王国とは明確に異なる領域であった。

他の言語で
Deutsch: Reichsitalien
português: Reino Itálico
srpskohrvatski / српскохрватски: Kraljevina Italija (Sveto Rimsko Carstvo)