イギリスのカントリー

イギリス > イギリスのカントリー

イギリスのカントリー: Countries of the United Kingdom)とは、イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)を構成する4つの地域である、イングランドウェールズスコットランド北アイルランドのこと。主権国家でないが、便宜的に「カントリー(国)」[1]と呼ばれる。

カントリーという呼称は、説明的に頻繁に使われるが[2][3]成文憲法が無いことや複雑な歴史的経緯により、4つのカントリーを総称する公式な名称は存在しない。また、カントリーは通常の意味での行政区画でもない[4]

別名として構成国あるいはホーム・ネイションズも使用される[5][6]

国際法上の主権国家であるイギリスは欧州連合国際連合といった国際機関の一員である。イングランド、北アイルランド、スコットランド、ウェールズは国際標準化機構 (ISO) の国リストに記載されていない。しかしながらイギリスの下位区分のISOリストが英国規格および英国国家統計局によって提供されており、イングランド、スコットランド、ウェールズを説明するためにカントリーが使われている[7]。対照的に、北アイルランドは同じリスト上で「プロビンス」[8]と公式に表現されている[7]

イングランド、スコットランド、ウェールズは、多くのスポーツにおいて単独の統括団体を有しており、これは国際スポーツ大会においてそれぞれの代表に分かれて競い合うことを意味している。北アイルランドはサッカーでは単独の統括団体(アイリッシュ・フットボール・アソシエーション)を有しているが、ほとんどのスポーツにおいて全アイルランドを統括する団体をアイルランド共和国と共に組織している。

なお、王室属領であるチャンネル諸島マン島、そして、海外領土は、その国際関係外交防衛)について連合王国が責任を負う地域であるが、連合王国の一部でなく、カントリーにも含まれない。

他の言語で
беларуская (тарашкевіца)‎: Краіны Злучанага Каралеўства
Esperanto: Landoj de Britio
hrvatski: Države u UK