アーシュラマ

アーシュラマ: āśrama)または住期(じゅうき)とは、インドヒンドゥー教社会において、バラモンクシャトリヤヴァイシャの三つの階級に属するヒンドゥー男子に適用される理念的な人生区分のこと[1]。4つの段階を経過することから四住期とも訳される[2][要ページ番号]。成立は古代インドのバラモン教にさかのぼる。原義は「疲労」、とくに宗教的な行に由来する疲労のことを意味していたと考えられる[3][要ページ番号]

他の言語で
हिन्दी: आश्रम
magyar: Ásrama
Bahasa Indonesia: Caturasrama
italiano: Ashrama
ქართული: აშრამა
lietuvių: Ašrama
മലയാളം: ആശ്രമങ്ങൾ
Nederlands: Asrama
português: Ashramas
русский: Ашрама
संस्कृतम्: आश्रमव्यवस्था
татарча/tatarça: Ашрама
українська: Ашрама