アンホ爆薬

耐水袋入り25 kgの製品
穿孔部にアンホ爆薬を装填しているところ

アンホ爆薬(アンホばくやく、Anmonium Nitrate Fuel Oil explosive : ANFO)は、爆薬の一種。硝安油剤爆薬(しょうあんゆざいばくやく)とも[1][2]

火薬学会規格 (VI) によれば、硝酸アンモニウム(硝安)と燃料油(引火点50℃以上)からなり、他の火薬、爆薬、金属粉等を含まない爆薬で工業雷管または電気雷管で起爆しないものをいう。配合例は、硝安94%、燃料油6%。起爆には他の爆薬(ダイナマイト等)を雷管として起爆し伝爆する。発生ガスの量に比して発生熱量が少ないためダイナマイトよりも安全であり、かつ安価なので砕石などの坑外発破に急速に使用を広げた。

組成

主成分の硝安は軽油を良く吸収するように多孔質プリル状のものを使用する。これは硝安製造工場で高い塔頂から熱溶融硝安をスプレーし、落下中に冷却して粒体にする。硝安は保存中に空気から湿気を吸い固化する性質があるので、有機防結剤を添加するが法規上0.2%以下と規定されている。有機物があると硝安の爆発性が増し危険なためである。またアンホは雷管では起爆されないことが法規上の絶対条件であるが、ある種の有機防結剤は製品アンホの雷管感度を上げてしまう。

他の言語で
English: ANFO
español: ANFO
فارسی: آنفو
suomi: ANFO
français: ANFO
hrvatski: ANFO
italiano: ANFO
한국어: ANFO
Nederlands: ANFO
norsk: ANFO
polski: ANFO
português: ANFO
română: ANFO
русский: АСДТ
slovenščina: ANFO
svenska: ANFO
ไทย: แอนโฟ
Türkçe: Anfo
українська: Ігданіт
oʻzbekcha/ўзбекча: Dinamonlar