アンナ・ポリトコフスカヤ

アンナ・ステパノーヴナ・ポリトコフスカヤ
Anna Stepanovna Politkovskaya
Анна Степановна Политковская
Anna Politkovskaja im Gespräch mit Christhard Läpple.jpg
アンナ・ポリトコフスカヤ(2005年)
誕生アンナ・マゼーパ
(1958-10-07) 1958年10月7日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
死没2006年10月7日(2006-10-07)(48歳)
ロシアの旗 ロシアモスクワ暗殺
職業ジャーナリスト作家
ジャンルルポルタージュチェチェン共和国での取材)
主題政治人権
主な受賞歴『世界人権報道賞』(アムネスティ・インターナショナル、2001年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アンナ・ステパノーヴナ・ポリトコフスカヤロシア語: Анна Степановна Политковскаяラテン文字表記の例Anna Stepanovna Politkovskaya1958年8月30日 - 2006年10月7日)はロシア人女性のジャーナリストノーヴァヤ・ガゼータ紙評論員。第二次チェチェン紛争ウラジーミル・プーチンに反対し、批判していたことで知られている[1][2]

ポリトコフスカヤはチェチェン共和国での取材を行っていた。彼女は『Putin's Russia』と同様にチェチェンに関する書籍を何冊か著述し、国際的に名声ある賞を数多く受賞した。

2006年、自宅アパートのエレベーター内で射殺された。

生い立ち - 新聞記者としての活動

1958年、国際連合で外交官を務めていたウクライナ人の両親とのあいだにて、アンナ・マゼーパとしてニューヨークに生まれる。彼女はモスクワで育ち、1980年モスクワ大学ジャーナリズム学部を卒業する。彼女の学位論文はMarina Tsvetaevaの詩についてであった。ポリトコフスカヤはアメリカ合衆国国民であり、ロシア国民でもあった[3]。大学卒業後の1982年イズベスチヤ紙に入社し、ヴォズドゥーシュヌイ・トランスポルト(航空輸送)紙、創作団体「エスカルト」、出版社「パリテート」、メガロポリス・エクスプレス紙の評論員を経て、Yegor Yakovlev(1994年 - 1999年)の指導のもとで、オープシチャヤ・ガゼータ(総合新聞)紙の副編集長、同紙のチレズヴィチャーイナヤ・プロイスシェーストヴィヤ(緊急事態)部の部長として1993年まで記者として勤務する。

1999年6月、ノーヴァヤ・ガゼータ紙に移り、隔週ごとにノーヴァヤ・ガゼータ・オンラインニュース版での寄稿欄を担当していた。同年からチェチェン共和国での取材を開始し、第二次チェチェン戦争の報道に当たる。『Putin's Russia』を含む、プーチン政権、ロシアでの生活、そしてチェチェンについての本を出版し、授賞される[4][5]

他の言語で
azərbaycanca: Anna Politkovskaya
беларуская (тарашкевіца)‎: Ганна Паліткоўская
bosanski: Ana Politkovska
Bahasa Indonesia: Anna Politkovskaya
македонски: Ана Политковскаја
Bahasa Melayu: Anna Politkovskaya
Nederlands: Anna Politkovskaja
norsk nynorsk: Anna Politkovskaja
português: Anna Politkovskaia
srpskohrvatski / српскохрватски: Ana Politkovskaja
Simple English: Anna Politkovskaya
slovenščina: Ana Politkovska
српски / srpski: Ана Политковска
татарча/tatarça: Анна Политковская