アンナ・カタリナ・エンメリック

福者アンナ・カタリナ・エンメリック
Anna Katharina Emmerick Saint Visionary.jpg
修道女 聖痕者 神秘家 
生誕 (1774-09-08) 1774年9月8日
フラムスケ英語版ヴェストファーレン(北ドイツ)
死没1824年2月9日(1824-02-09)(49歳)
デュルメン英語版、 ヴェストファーレン(北ドイツ)
崇敬する教派ローマ・カトリック教会
列福日2004年10月3日
列福決定者福者ヨハネ・パウロ2世
主要聖地聖十字架教会、デュルメン、ドイツ
記念日2月9日
象徴白いキャップを被る姿 十字架と共に祈る姿

アンナ・カタリナ・エンメリックドイツ語: Anna Katharina Emmerick, 1774年9月8日 - 1824年2月9日)は、カトリック教会聖アウグスチノ修道会修道女で、神秘家である。2004年10月3日、教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。

イエス受難聖母マリアの晩年など聖家族の様子、終末の時代の教会の様子などを幻視し、記録している。エンメリックが幻視したイエスの最期は、2004年にメル・ギブソン監督によって映画化された(『パッション』)。

エンメリックが幻視した聖母が晩年を過ごした家は、19世紀トルコエフェソスで発見された。現在では、聖ヨハネ・パウロ2世ベネディクト16世といった教皇たちも訪ねる巡礼地となっている。

他の言語で