アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロペス・デ・サンタ・アナ第二姓(母方の)はペレス・デ・レブロンです。
アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ
Antonio López de Santa Anna
Santaanna1.JPG

メキシコの旗 メキシコ
大統領

出生1794年2月21日
ベラクルス州
死去1876年6月21日
署名Antonio López de Santa Anna signature.svg

アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ・ペレス・デ・レブロンAntonio López de Santa Anna Pérez de Lebrón, 1794年2月21日 - 1876年6月21日)は、メキシコの軍人、政治家。1833年から1855年までの間に11回(7回と数える意見もある)も大統領に選ばれた。有能な軍人だが、政治家としては評価されていない。良くも悪くも、メキシコが生んだその時代を代表する英雄の一人である。彼は単に「サンタ・アナ」[1] あるいは「ロペス・デ・サンタ・アナ」として知られ、「西半球のナポレオン」と呼ばれ、メキシコの政治的指導者、将軍そして11回大統領に就任し、独立間もないメキシコの政治と政府に大きな影響を与えた。サンタ・アナはメキシコ独立戦争を戦い、それを支援した。彼は最初のカウディージョではなかったにも関わらず、彼はカウディージョ的政治家の草分けであった。[2]

彼はメキシコ独立後のさまざまな時期を通じて騒乱の40年間にわたり、さまざまな時に将軍か大統領であった(同時に務めたこともあった)。すなわち彼は11回断続的な状況で22年間に渡り大統領を務めた。彼はメキシコの主要な港ベラクルスに「政治的農場基地」を建設した。彼は陸軍の英雄であった。すなわち彼は自身とその軍の栄光を追い求め、失脚するまでそれを再建した。 勇敢で先取の気質に富んでいる一方で奸智にたけた政治家、彼はそのようにしてメキシコを支配したために歴史家はその時代を「サンタ・アナの時代」と呼ぶ。

しかしながら歴史家はまた、彼は「もしかしたら国政を誤った人々の住まうメキシコの『黒いパンテオン』の最初の居住者」だと報告している。[3] 彼の中央集権主義者のレトリックと軍事的な失敗は、テキサス独立戦争始まりと1848年米墨戦争メキシコ割譲を招き、当時のメキシコの領土の半分の消失という結果をもたらした。

他の言語で
srpskohrvatski / српскохрватски: Antonio López de Santa Anna
oʻzbekcha/ўзбекча: Antonio López de Santa Anna