アントニオ・テヘーロ

この名前は、 スペイン語圏の人名慣習に従っています。 第一姓(父方の )はテヘーロ第二姓(母方の )はモリーナです。
アントニオ・テヘーロ・モリーナ
Antonio Tejero Molina
生誕 (1932-04-30) 1932年 4月30日(85歳)
スペインの旗 スペイン共和国マラガ県 マラガ
所属組織 Escudo del Ejército de Tierra.PNG スペイン陸軍
軍歴 1951年 - 1981年
最終階級 中佐
テンプレートを表示

アントニオ・テヘーロ・モリーナ(Antonio Tejero Molina、 1932年 4月30日 - )は、 スペイン軍人1981年2月に発生した クーデター 23-Fの首謀者の1人である。

来歴

フランコ体制下

1932年マラガで生まれる。 第二次世界大戦後の 1951年グアルディア・シビル(治安警備隊)に入隊。 中尉に任官し カタルーニャ州に赴任する。 1958年大尉に昇進し、 ガリシア州ベレス=マラガカナリア諸島を転々とする。 1963年には 少佐に昇進し、 ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアバダホスで勤務した。 1974年中佐に昇進し バスク州 ギプスコア県のグアルディア・シビル指揮官に任命されるが、バスク州旗 イクリニャに関する発言が批判され市民が解任を求める騒ぎが起きた [1] [2]バスク地方における ETA掃討に貢献し、 マドリードのグアルディア・シビル部隊参謀長に転任した [3]

ガラクシア計画

1975年11月に フランシスコ・フランコが死去し、 フアン・カルロス1世によって王政復古が成し遂げられた。その後 1976年に首相となった アドルフォ・スアレス政権下においてスペインの民主化が進められたが、これを「左傾化」と捉えた軍部右派によって、国王を擁いた上での軍事独裁の復活を求める動きが活発化した。

この様な動きを受けて 1978年11月に、 中佐となっていたテヘーロと、サエンス・デ・イネストリージャス中尉らが、スアレス政権に対するクーデター計画・ ガラクシア計画英語版を立案した。なお計画名は、集会場として使用されていたマドリード市内の喫茶店の名前を取ったものであった。しかし実行前に計画が表ざたになり、テヘーロは軍法裁判で禁固7か月の判決を受けた。

23-F

その後、軍部右派が問題視していた状況に変化がなかったことから、陸軍副参謀総長のアルフォンソ・アルマダ・コミンや陸軍大将ミランス・デル・ボッシュがクーデターを画策し、出所したテヘーロを実行部隊の中心に添えることとなった。

1981年2月23日午後6時過ぎ、テヘーロ率いる約200人の治安警備隊員が代議院( 下院)に押し入り、同年 1月29日に辞任を表明したばかりのスアレスや スペイン共産党書記長の サンティアゴ・カリージョスペイン社会労働党書記長の フェリーペ・ゴンサーレスを含む約350人の代議院議員を人質に取った。これに合わせてボッシュ率いる戦車部隊が バレンシア市内に展開した他、マドリードのスペイン国営テレビ局を占拠した。しかし、ファン・カルロス1世の支持が得られなかったことからクーデターは失敗し、テヘーロとコミン、ボッシュは警察に投降し逮捕され、軍法裁判で有罪の判決を受けた [2]

釈放後

アルカラ・デ・エナーレスの刑務所に収監されるが、獄中から 1982年に行われた選挙に立候補し話題となった。なおテヘーロは、事件後15年経った 1996年12月2日に最後の事件関係者として釈放され、故郷マラガに居住した。

2006年には 2006年カタルーニャ自治憲章スペイン語版に関する意見公募を新聞に掲載した [4]。また、 2009年には、息子のラモン・テヘーロ・ディーツが、父を「スペインのために最善を尽くした誠実で宗教的な人物」と擁護する意見を ABCに掲載している [5]

他の言語で
aragonés: Antonio Tejero
asturianu: Antonio Tejero
Esperanto: Antonio Tejero
español: Antonio Tejero
français: Antonio Tejero
Nederlands: Antonio Tejero
português: Antonio Tejero
Simple English: Antonio Tejero
Türkçe: Antonio Tejero
українська: Антоніо Техеро