アルベルト・ヒナステラ

アルベルト・ヒナステラ

アルベルト・エバリスト・ヒナステラ(Alberto Evaristo Ginastera, 1916年 4月11日 - 1983年 6月25日)は、 アルゼンチンのクラシックの作曲家。ヒナステーラとも呼ばれる。 ブラジルヴィラ=ロボスメキシコチャベスポンセらと並び、 ラテンアメリカでもっとも重要な クラシック作曲家の一人である。ヒナステラとは スペイン語読みであるが、 イタリア系アルゼンチン人である彼の苗字はジナステラと読むのが正しく、彼自身もそう発音されることを望んでいた。

人物

ブエノスアイレス生まれ。1938年、ブエノスアイレス音楽院を卒業。1945年から1947年にかけて アメリカ合衆国を訪れ、 アーロン・コープランドタングルウッド音楽センターで学んだ。その後ブエノスアイレスに帰り、そこで作曲家協会を共同で設立した。数々の指導の後、1968年からアメリカへ戻り、1970年から ヨーロッパに移住。 ジュネーヴで67年の生涯を終えた。

作品には数種の オペラピアノ協奏曲2曲、 チェロ協奏曲2曲、 ヴァイオリン協奏曲1曲、 ハープ協奏曲1曲を含む。特に「ハープ協奏曲 作品25」は数少ない ハープのための協奏曲として時たま演奏される。他に バレエ音楽室内楽及び ピアノのための多くの作品がある。

アルゼンチン音楽の影響下に、 オスティナート語法をふんだんに用いた明快な作風で知られる。その後は次第に原始主義的・ 無調的な作風に移行し、最終的には 十二音技法微分音も用いた。これに関してヒナステラ本人は、彼の音楽を3つの時期に分類している。1期目は「客観的愛国心」(この時期の作品はアルゼンチン民謡をじかに用いた曲が多い)、2期目は「主観的愛国心」(1948年〜、このころには、民謡を直接的には使っていないが、はっきりとアルゼンチンの個性が残っている)、そして3期目は「新表現主義」(1958年〜 、民謡の要素は連続の技法を使用し、より近代的な作風になっている)である。

アストル・ピアソラは彼の最初期の弟子である。

プログレッシブ・ロックEL&Pの『 恐怖の頭脳改革』に、ヒナステラのピアノ協奏曲第1番を元にした曲(「トッカータ」)が収録されている。編曲の許可を貰いに来た キース・エマーソンに対して、ヒナステラはその出来映えを絶賛したという。

堤俊作が1978年の ジュネーブ国際音楽コンクール指揮部門で最高位を受賞したときの審査員がヒナステラだった。堤は後に『 エスタンシア』の日本初演を手掛けた。

他の言語で