アルファ粒子

アルファ粒子
組成陽子2個と中性子2個
相互作用弱い相互作用
強い相互作用
電磁相互作用
重力相互作用
反粒子反ヘリウム原子核
発見アーネスト・ラザフォード(1899年)
電荷+2e
手前から奥に向かう磁場の中では、正の電荷を持つアルファ粒子は図のように回転運動する
ベータ線の実態である電子ガンマ線と異なり、ヘリウム4の原子核であるアルファ粒子は一枚の紙すら通過できない。
原子核がアルファ崩壊してアルファ粒子を放出している

アルファ粒子(アルファりゅうし、α粒子、: alpha particle)は、高い運動エネルギーを持つヘリウム4原子核である。陽子2個と中性子2個からなる。放射線の一種のアルファ線(α線、: alpha ray)は、アルファ粒子の流れである。

固有の粒子記号は持たず、ヘリウム4の2価陽イオンとして He2+(より厳密には 4He2+)と表される。

性質

アルファ粒子は不安定核アルファ崩壊にともなって放出される。+2の電荷を帯びており、ローレンツ力によって電場磁場で屈曲される。

α線の速さは核種によって違うが、おおむね (1.5〜2.0)×107 m/s(秒速1万5000キロから2万キロ)程度である[1]。真空中における光速 2.99792458×108 m/s と比較すると、α線の速さは光速の数%程度にも達するということになる。

電離作用が強いので透過力は小さく、紙や数cmの空気層で止められる。しかし、その電離作用の強さのため、アルファ線を出す物質を体内に取り込んだ場合の内部被曝には十分注意しなければならない。

他の言語で
Afrikaans: Alfadeeltjie
العربية: جسيم ألفا
asturianu: Partícula alfa
azərbaycanca: Alfa hissəciyi
беларуская: Альфа-часціца
беларуская (тарашкевіца)‎: Альфа-часьцінка
български: Алфа-частица
বাংলা: আলফা কণা
bosanski: Alfa-zraci
čeština: Částice alfa
Ελληνικά: Σωματίδιο άλφα
Esperanto: Alfa-radiado
español: Partícula alfa
eesti: Alfaosake
فارسی: ذرات آلفا
français: Particule α
हिन्दी: अल्फा कण
hrvatski: Alfa-čestica
Kreyòl ayisyen: Patikil alfa
Հայերեն: Ալֆա-մասնիկ
Bahasa Indonesia: Partikel Alfa
italiano: Particella α
қазақша: Альфа-бөлшек
ಕನ್ನಡ: ಅಲ್ಫ ಕಣ
한국어: 알파 입자
Ligure: Raggi alfa
lietuvių: Alfa dalelė
latviešu: Alfa daļiņa
македонски: Алфа-честичка
മലയാളം: ആൽഫാ കണം
Bahasa Melayu: Zarah alfa
မြန်မာဘာသာ: အယ်လ်ဖာအမှုန်
Plattdüütsch: Alphastrahlen
Nederlands: Alfadeeltje
norsk nynorsk: Alfapartikkel
ਪੰਜਾਬੀ: ਅਲਫਾ ਕਣ
português: Partícula alfa
română: Particulă alfa
srpskohrvatski / српскохрватски: Alfa-čestica
Simple English: Alpha particle
slovenčina: Častica alfa
slovenščina: Delec alfa
українська: Альфа-частинка
Tiếng Việt: Hạt alpha
中文: Α粒子
粵語: 甲種射綫