アルファ粒子

アルファ粒子
組成 陽子2個と 中性子2個
相互作用 弱い相互作用
強い相互作用
電磁相互作用
重力相互作用
反粒子 反ヘリウム原子核
発見 アーネスト・ラザフォード(1899年)
電荷 +2 e
手前から奥に向かう磁場の中では、正の電荷を持つアルファ粒子は図のように 回転運動する
ベータ線の実態である 電子ガンマ線と異なり、ヘリウム4の原子核であるアルファ粒子は一枚の紙すら通過できない。
原子核が アルファ崩壊してアルファ粒子を放出している

アルファ粒子(アルファりゅうし、α粒子、 : alpha particle)は、高い 運動エネルギーを持つ ヘリウム4原子核である。 陽子2個と 中性子2個からなる。 放射線の一種のアルファ線(α線、 : alpha ray)は、アルファ粒子の流れである。

固有の粒子記号は持たず、 ヘリウム4の2価 陽イオンとして He2+(より厳密には 4He2+)と表される。

性質

アルファ粒子は 不安定核アルファ崩壊にともなって放出される。+2の 電荷を帯びており、 ローレンツ力によって 電場磁場で屈曲される。

α線の速さは核種によって違うが、おおむね (1.5〜2.0)×107  m/s(秒速1万5000キロから2万キロ)程度である [1]。真空中における 光速 2.99792458×108 m/s と比較すると、α線の速さは光速の数%程度にも達するということになる。

電離作用が強いので透過力は小さく、紙や数 cmの空気層で止められる。しかし、その電離作用の強さのため、アルファ線を出す物質を体内に取り込んだ場合の 内部被曝には十分注意しなければならない。

他の言語で
Afrikaans: Alfadeeltjie
العربية: جسيم ألفا
asturianu: Partícula alfa
azərbaycanca: Alfa hissəciyi
беларуская: Альфа-часціца
беларуская (тарашкевіца)‎: Альфа-часьцінка
български: Алфа-частица
বাংলা: আলফা কণা
bosanski: Alfa-zraci
čeština: Částice alfa
Ελληνικά: Σωματίδιο άλφα
Esperanto: Alfa-radiado
español: Partícula alfa
eesti: Alfaosake
فارسی: ذرات آلفا
français: Particule α
हिन्दी: अल्फा कण
hrvatski: Alfa-čestica
Kreyòl ayisyen: Patikil alfa
Հայերեն: Ալֆա-մասնիկ
Bahasa Indonesia: Partikel Alfa
italiano: Particella α
қазақша: Альфа-бөлшек
ಕನ್ನಡ: ಅಲ್ಫ ಕಣ
한국어: 알파 입자
lietuvių: Alfa dalelė
latviešu: Alfa daļiņa
македонски: Алфа-честичка
മലയാളം: ആൽഫാ കണം
Bahasa Melayu: Zarah alfa
မြန်မာဘာသာ: အယ်လ်ဖာအမှုန်
Plattdüütsch: Alphastrahlen
Nederlands: Alfadeeltje
norsk nynorsk: Alfapartikkel
ਪੰਜਾਬੀ: ਅਲਫਾ ਕਣ
português: Partícula alfa
română: Particulă alfa
srpskohrvatski / српскохрватски: Alfa-čestica
Simple English: Alpha particle
slovenčina: Častica alfa
slovenščina: Delec alfa
українська: Альфа-частинка
Tiếng Việt: Hạt alpha
中文: Α粒子
粵語: 甲種射綫