アルゼンチンの映画

アルゼンチンの映画(アルゼンチンのえいが)は、 アルゼンチンで製作された 映画や、アルゼンチンの資本によって製作された映画である。 映画監督レオポルド・トーレ・ニルソンフェルナンド・E・ソラナスといった人物を輩出し、『 天使の家』(1957年)、『オフィシャル・ストーリー』(1985年)や『 瞳の奥の秘密』(2009年)が国際的な 映画賞を受賞するなど、 メキシコブラジルにならぶ ラテンアメリカの映画大国として発展してきた [1] [2]映画祭は1950年代から マール・デル・プラタ国際映画祭が開催されており、さらに2000年前後から国際映画祭の設立が相次いで、ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭、コルドバ国際アニメーション映画祭、ブエノスアイレス・ロホ・サングレなど、おおくの都市で国際映画祭が開催されるようになった。しかし、アルゼンチンの映画の歴史は不幸な時期が断続しており、国内で政情不安が起こるたびに映画産業は停滞を強いられ、ときには 映画人が投獄されることもあった [1] [3]

脚注

  1. ^ a b 村山 2008, p. 532.
  2. ^ 広岡 2007, pp. 385-386.
  3. ^ サドゥール 1980, pp. 379-381.