アルシノイテリウム科

アルシノイテリウム科
生息年代: 40.00–23.00 Ma
O
S
D
C
P
T
J
K
N
保全状況評価
絶滅( 化石
地質時代
約4,000万- 約2,300万年前
新生代 古第三紀 始新世後期前半[ バートニアン]- 漸新世末期[ チャッティアン])
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
上目 : アフリカ獣上目 Afrotheria
階級なし : (未整理 [1] 近蹄類 Paenungulata
: 重脚目 Embrithopoda
: アルシノイテリウム科
Arsinoitheriidae
学名
Familia Arsinoitheriidae
Andrews, 1904
タイプ属
Arsinoitherium
和名
アルシノイテリウム科
英名
Arsinoitheriids
下位分類群(
Arsinoitherium zitteli の骨格化石標本。 ロンドン自然史博物館

アルシノイテリウム科学名 Familia Arsinoitheriidae)は、約4,000万- 約2,300万年前( 新生代 古第三紀 始新世後期前半[ バートニアン]- 漸新世末期[ チャッティアン])の アフロアラビア [2]および ユーラシア西部地域に生息していた 植物食性有蹄 哺乳類の一 分類群

重脚目の主要な1 であり、 模式属 アルシノイテリウムのほか、 クリヴァディアテリウム属( en)、ヘプトコノドン属、 パラエオアマシア(パレオアマシア)属( en)、ラディンスキア属が現在知られている(異説あり)。

概説

最も古い地層から発見されているのは、 トルコにある始新世中期の地層に由来のパラエオアマシア属である。 一方、形態学的知見は、ラディンスキア属に同科の始原的特徴を見出している。

代表種であるアルシノイテリウム属は、始新世末期(内、 チャッティアンも末期の頃)の 北アフリカに出現し、アフロアラビアに広く分布した。そして、漸新世の終焉前夜に(あるいは、終焉期に)同科の最後の種の一つとなっている。

同じく始新世末期に出現したクリヴァディアテリウム属も、最後の種の一つと考えられる。こちらは現・東ヨーロッパのルーマニアは トランシルヴァニア地方にあたる地域に生息していた。

もっとも、アルシノイテリウム属以外を原始的なパラエオアマシア科(パレオアマシア科)として区別する説もある。

他の言語で