アルザス地域圏

アルザス
Alsace
アルザスの旗
アルザスの旗
位置
アルザスの位置
概要
首府 ストラスブール
Strasbourg
地域圏知事
人口 1,805,023人
(2005年)
面積 8,280km²
13
小郡 75
コミューン
ISO 3166-2:FR FR-A

アルザス地域圏(アルザスちいきけん、 アルザス語: Elsàssアレマン語: Elsäß、標準 ドイツ語: Elsassフランス語: Alsace英語: Alsace)は、 フランス中東部にかつて存在した 地域圏である [1]ストラスブール(独:シュトラースブルク)を首府とする。 ヴォージュ山脈のある西側の大部分をかつての ロレーヌ地域圏と接し、残りはかつての フランシュ=コンテ地域圏と接している。東は ドイツスイスに接する。地域圏内には バ=ラン県オー=ラン県二つの県を含む。中フランクと重なる ブルーバナナ圏に属している。

2016年1月1日より、 グラン・テスト地域圏となった。

概要

域内面積は日本の 兵庫県(約8,394平方キロメートル)と同じぐらい、人口は 鹿児島県(約177万人)とほぼ同程度。南北に細長く展開し、北部が バ=ラン県(「 ライン川下流」の意味)、南部が オー=ラン県(「ライン川上流」の意味)にそれぞれ分かれる。

住民の大部分は ドイツ系アレマン人の一派である アルザス人(エルザス人)で、 人口130万人がドイツ語の 方言である アルザス語を使う。住民は通史的に 中部フランク王国由来のアイデンティティをもつ。アルザスでは ライン川の水運を利用した農業・工業がそれぞれ古代・中世から盛んである [2]。また、アメリカやオーストラリアほどではないにせよ豊富に鉄鉱石や石炭を産出する。アルザスの地誌は、中フランクの地誌を代表する。

古代の晩期、東西フランクのはざまにあったころ、アルザスは戦火に焼かれた。 神聖ローマ帝国の領地となってから20世紀まで、アルザスは戦争の度に蹂躙された。その凄惨な記憶をもつアルザス人はドイツともフランスとも同化しないで生きてきた。

争奪の対象アルザスは地政学上の要衝に違いなかったが、中世のライン川というのは地元の平野全体でぐねぐねと曲がり、また枝分かれして、中州や沼をつくっていた [3]。この不衛生な環境が19世紀の開発で改善されるまで風土病の マラリアを流行らせた [3]

第二次世界大戦終結以来フランス領である。 デグサなどのドイツ系企業施設が立地したこともあり、戦後は厳しいフランス同化政策がとられた。多くの住民はフランス語とアルザス語のバイリンガルだが、若年層ほどフランス語を多用する。近年になってフランス政府は同化政策を改めたが、フランス語しか話せない若者も少なくないので、今後の教育方針をめぐる議論は続いている。

ストラスブールは 欧州統合の基地として、中央政府や直近の ルクセンブルクと連携している。

アルザス通史の著作は地元においてすら希少である。およそアルザス史の公的な記録は欧州統合に水を差さないような形をとっている。フランス人の著したものは、 神聖ローマ帝国の時代がまるでなかったかのようにし、 フランス革命ナポレオンおよび各世界大戦でのアルザス解放に紙面を割いている。ドイツ人の著したものは、 普仏戦争から ナチスドイツの時代を大して説明しないで、神聖ローマ統治下の華やかなアルザスを積極的に描写している。アルザス人が著したものは、 ローマ帝国フランク王国の治世をふまえて神聖ローマ統治下の栄華を西欧全体の成果とみなすが、近現代史を論拠とするドイツ非難とフランス擁護に傾いている。 アドルフ・ティエール普仏戦争敗退後にアルザスを講和の具としたことや、 ナチスドイツが侵攻してきたときストラスブールをフランス軍が無人状態で放棄したことなどには言及していない [4]

2002年の域内 GDPは443億ユーロ(約5兆円、 鹿児島県と同程度)、一人当たりGDPは24,804ユーロ(約390万円)にのぼる。一人当たりGDPはフランス国内の22地域圏中 イル・ド・フランスに次いで第2位に達し、労働者の68%がサービス業に、25%が工業に従事している。現在、アルザスはフランスで最も工業化された地域圏となっており、生活水準もフランスの中でも高い方に属する。

他の言語で
Afrikaans: Elsas
Alemannisch: Elsass
አማርኛ: አልሳስ
aragonés: Alsacia
Ænglisc: Elsass
العربية: ألزاس
asturianu: Alsacia
Aymar aru: Alsace suyu
azərbaycanca: Elzas
تۆرکجه: آلزاس
Boarisch: Elsass
беларуская: Эльзас
беларуская (тарашкевіца)‎: Эльзас
български: Елзас
বাংলা: আল্‌জাস
brezhoneg: Elzas
bosanski: Alsace
català: Alsàcia
нохчийн: Эльзас
Cebuano: Alsace
corsu: Alsazia
čeština: Alsasko
kaszëbsczi: Elzas
Чӑвашла: Эльзас
Cymraeg: Alsace
dansk: Alsace
Deutsch: Elsass
Zazaki: Elzas
dolnoserbski: Elsaska
Ελληνικά: Αλσατία
English: Alsace
Esperanto: Alzaco
español: Alsacia
eesti: Alsace
euskara: Alsazia
فارسی: آلزاس
suomi: Alsace
français: Alsace
arpetan: Alzace
Frysk: Elzas
Gaeilge: An Alsáis
Gàidhlig: Alsace
galego: Alsacia
客家語/Hak-kâ-ngî: Alsace
עברית: אלזס
hrvatski: Elzas
hornjoserbsce: Elsaska
Kreyòl ayisyen: Alzas
magyar: Elzász
Հայերեն: Էլզաս
interlingua: Alsatia
Bahasa Indonesia: Alsace
Ido: Alzacia
íslenska: Elsass
italiano: Alsazia
Basa Jawa: Alsace
ქართული: ელზასი
қазақша: Эльзас
ಕನ್ನಡ: ಆಲ್ಸೇಸ್
한국어: 알자스
Kurdî: Elsas
kernowek: Alsass
Latina: Alsatia
Ladino: Alsasia
Lëtzebuergesch: Elsass
Limburgs: Elzas
lumbaart: Alsasia
لۊری شومالی: آلزاس
lietuvių: Elzasas
latviešu: Elzasa
македонски: Алзас
मराठी: अल्सास
Bahasa Melayu: Alsace
مازِرونی: آلزاس
Nederlands: Elzas
norsk nynorsk: Alsace
norsk: Alsace
Nouormand: Alsache
occitan: Alsàcia
Ирон: Эльзас
ਪੰਜਾਬੀ: ਅਲਸਾਸ
Kapampangan: Alsace
Deitsch: Elsass
Pälzisch: Elsaß
polski: Alzacja
Piemontèis: Alsassia
پنجابی: السائس
português: Alsácia
Runa Simi: Alsace
română: Alsacia
русский: Эльзас
sardu: Alsàtzia
sicilianu: Alsazzia
Scots: Alsace
srpskohrvatski / српскохрватски: Alsace
Simple English: Alsace
slovenčina: Alsasko
slovenščina: Alzacija
shqip: Alsasa
српски / srpski: Алзас
svenska: Alsace
Kiswahili: Alsace
ślůnski: Alzacyjo
Türkçe: Alsas
українська: Ельзас
اردو: الزاس
vèneto: Alsazia
Tiếng Việt: Alsace
Winaray: Alsace
მარგალური: ელზასი
ייִדיש: עלזאס
中文: 阿尔萨斯
Bân-lâm-gú: Alsace
粵語: 阿爾薩斯