アリス・リデル

アリス・リデル
Alice Liddell.jpg
7歳のアリス(1860年、ルイス・キャロル撮影)
生誕(1852-05-04) 1852年5月4日
ロンドンウェストミンスター
死没(1934-11-16) 1934年11月16日(82歳没)
ケント、ウェステラム
配偶者レジナルド・ハーグリーヴス

アリス・プレザンス・リデルAlice Pleasance Liddell, 1852年5月4日 - 1934年11月16日)は、少女時代にルイス・キャロルの児童小説『不思議の国のアリス』(1865年)および『鏡の国のアリス』(1871年)の成立に関わったイギリスの女性で、一般に両作品の主人公アリスのモデルとされている人物である。結婚後の名はアリス・ハーグリーヴズAlice Hargreaves)。

生い立ち

乞食に扮したアリス。キャロルの撮影(1858年)
17歳のアリス・リデル(1870年)

のちにオックスフォード大学クライストチャーチの学寮長となるヘンリー・リデル (Henry George Liddell, 1811-1898)とその妻ロリーナ (Lorina Hanna Liddell, 旧姓Reeve, ?-1910) の間の次女(第4子)としてロンドンウェストミンスターに生まれる。父ヘンリーは現在も学生の間で用いられている「リドル=スコットのギリシャ語辞典」の共著者であり、当時はウェストミンスター・スクールの校長を務めていた。またヴィクトリア女王の夫アルバートの宗教相談役なども務めている[1]。リデル家の子女としては『不思議の国のアリス』の成立に関わった長女ロリーナ (Lorina Charlotte Liddell, 1849-1930)、次女アリス、三女イーディス (Edith Mary Liddell, 1854-1876) の三姉妹がよく知られているが、アリスにはこのほかに二人の兄と二人の妹、生後すぐに亡くなった一人を含む三人の弟がおり、あわせて9人の兄弟姉妹がいた。

1855年、父ヘンリーがオックスフォード大学の学寮クライスト・チャーチの学寮長に任命され、翌年アリスが3歳のときに一家はこの学寮に移り住んだ。リデル家の子女たちは少し成長すると両親に混じって食後の音楽会や室内ゲームに参加することが許され、アリスは若い頃からオックスフォードの様々な学者や芸術家と交流する機会を持った[1]。アリスは音楽についてはジョン・ステイナーチャールズ・ヒューバート・パリー、絵画についてはジョン・ラスキンの指導を受けており、文才は乏しかったが音楽、絵画、木彫りには才能を示した[2]

他の言語で
العربية: أليس ليدل
български: Алиса Лидъл
català: Alice Liddell
Cymraeg: Alice Liddell
Deutsch: Alice Liddell
English: Alice Liddell
Esperanto: Alice Liddell
español: Alice Liddell
euskara: Alice Liddell
فارسی: آلیس لیدل
français: Alice Liddell
עברית: אליס לידל
interlingua: Alice Liddell
italiano: Alice Liddell
한국어: 앨리스 리들
Nederlands: Alice Liddell
português: Alice Liddell
srpskohrvatski / српскохрватски: Alice Pleasance Liddell
Simple English: Alice Liddell
svenska: Alice Liddell
Tagalog: Alice Liddell
Türkçe: Alice Liddell
українська: Аліса Ліддел