アラバマ物語 (小説)

アラバマ物語』(アラバマものがたり、原題:英語: To Kill a Mockingbird(物まね鳥を殺すのは))は、米国の作家であるハーパー・リーが1960年に出版した小説で、「アメリカ南部」のアラバマ州で起きた黒人白人女性への暴行容疑に対しての裁判で、まわりの白人陪審員偏見人種差別を描いている。その内容から米国の高校では教材としてしばしば用いられている。

他の言語で
azərbaycanca: Bülbülü öldürmək
Bahasa Indonesia: To Kill a Mockingbird
srpskohrvatski / српскохрватски: Ubiti pticu rugalicu
Simple English: To Kill a Mockingbird
svenska: Dödssynden
Tiếng Việt: Giết con chim nhại