アメリカン・フットボール・カンファレンス

アメリカン・フットボール・カンファレンス(American Football Conference)は NFLのカンファレンスのひとつ。

1970年、NFLと1960年創設の アメリカン・フットボール・リーグ(AFL)とのリーグ統合時に、 AFL所属の10チームに旧NFLから移動してきた ピッツバーグ・スティーラーズクリーブランド・ブラウンズボルティモア・コルツ(当時)の3チームを加え、3地区(AFC東地区、 AFC中地区、AFC西地区)13チームで発足。2002年から現在の4地区( AFC東地区AFC西地区AFC南地区AFC北地区)16チームに。略語はAFC。

参加チーム

AFC東地区

地元の英雄的な開拓者、 バッファロー・ビルにちなんで名付けられた
愛称は地元一般公募、統率と知性、スピードをイメージ
ペイトリオット(パトリオット)=patriotとは愛国者のこと。一帯が 独立戦争の舞台になったことから名付けられた
「Jet」は ジェット機の意、また野球の ニューヨーク・メッツ、バスケットボールの ブルックリン・ネッツ(旧ニュージャージー・ネッツ、それ以前は「ニューヨーク・ネッツ」であった)と意図的に を踏むようにしている。また、連敗脱出の願掛けであったともされる

AFC北地区

旧クリーブランド・ブラウンズ。コルツの インディアナポリス移転後、 1996年 ボルチモアの誘致を受けて移転を表明したが、「ブラウンズ」の愛称は クリーブランド市が法的に確保していたため、ボルチモア縁の作家 エドガー・アラン・ポーの詩「 大鴉(The Raven)」にちなみチーム名を変更
「Bengal」は ベンガルトラにちなむ。命名は創設者で初代監督の ポール・ブラウン
旧ブラウンズが ボルチモアに移転後の 2000年、リーグのエクスパンション(拡張)方針により誕生した全くの新チーム。選手構成は全くの新チームであるが、市が使用権を獲得していた「ブラウンズ」の名を引き継ぎ、記録や歴史も新チームが引き継いだ。ブラウンズは色ではなく、初代監督を務めたポール・ブラウンにちなむ
ピッツバーグが「Steel( 鉄鋼)」の町として知られたことから。Steal(窃盗)ではない

AFC南地区

Texanとは テキサス人のこと。テキサス人のためのチームという意味で命名
1983年ボルチモアから移転。「Colt」とは雄の若馬のことで、現地では 競走馬飼育が盛んだったことから
動物の ジャガー
旧ヒューストン・オイラーズ。 テネシー州 ナッシュビルに移転、二度の改名を経て現チーム名になった。 タイタンとは ギリシア神話に登場する大地の神のことで、ナッシュビルが南部の アテネと呼ばれていることから

AFC西地区

ブロンコ「bronco」とは駻馬のこと。荒々しい 西部のイメージから
インディアンにちなんで、「Chief」=酋長
応援の際に「Charge(突撃)!」と叫ぶスタイルが慣例化していたことから。ロサンゼルス→サンディエゴ→ロサンゼルス(2017年シーズンから)と移転。
オークランド→ロサンゼルス→オークランドと移転。レイダー「raider」は侵略者のこと。ロサンゼルス時代、本拠地を同じくするラムズも頭文字がRだったため、略称はLARではなく、RAIになった。2019年あるいは2020年にラスベガスに移転することが決定している。
他の言語で
srpskohrvatski / српскохрватски: American Football Conference