アヘン

ケシの果実(いわゆるケシ坊主)に傷をつけて、アルカロイド樹脂を採取する

アヘン阿片鴉片opium)は、ケシ(芥子、opium poppy)の実から採取される果汁を乾燥させたもので、いわゆる麻薬である。ケシの実から採取されるアルカロイドはオピエートと呼ばれ、そこから合成されるものがオピオイドである[1]麻薬(narcotic)とは、本来このようなオピエートオピオイドを指す[1]。ケシから採取されたアルカロイドや、そこから合成される化合物は、鎮痛、陶酔といった作用があり、また高用量の摂取では昏睡や呼吸抑制を引き起こす[1]。このようなアルカロイドや、合成化合物には、モルヒネヘロインコデインオキシコドンを含む。

アヘンの名の由来は、英語opium中国語の音訳である阿片(拼音: a piàn アーピエン)を音読みしたものである。代の中国江戸時代の日本では阿芙蓉(あふよう)と書いた。

ケシの実の汁は古代から鎮痛・鎮静作用が知られ、医薬品として用いられてきた。しかし同時に習慣性や、濫用による健康被害など、麻薬としての特性があり、阿片戦争を引き起こすなど、重大な害悪も引き起こした。現在では、1912年ハーグ阿片条約、これを引き継ぐ1961年麻薬に関する単一条約において国際統制下にある。日本でもあへん法によって規制されている。

他の言語で
العربية: أفيون
مصرى: افيون
asturianu: Opiu
беларуская: Опіум
български: Опиум
bosanski: Opijum
català: Opi
Mìng-dĕ̤ng-ngṳ̄: Ă-piéng
čeština: Opium
Cymraeg: Opiwm
dansk: Opium
Deutsch: Opium
Ελληνικά: Όπιο
English: Opium
Esperanto: Opio
español: Opio
eesti: Oopium
euskara: Opio
فارسی: تریاک
suomi: Oopiumi
français: Opium
Gaeilge: Óipiam
galego: Opio
עברית: אופיום
हिन्दी: अफ़ीम
hrvatski: Opijum
magyar: Ópium
հայերեն: Ափիոն
interlingua: Opio
Bahasa Indonesia: Opium
Ido: Opiumo
íslenska: Ópíum
italiano: Oppio
ქართული: ოპიუმი
ಕನ್ನಡ: ಅಫೀಮು
한국어: 아편
Кыргызча: Апийим
Latina: Opium
lietuvių: Opijus
latviešu: Opijs
македонски: Опиум
मराठी: अफू
Bahasa Melayu: Candu
မြန်မာဘာသာ: ဘိန်း
नेपाली: अफिम
नेपाल भाषा: अफिम
Nederlands: Opium
norsk nynorsk: Opium
norsk: Opium
occitan: Òpi
ਪੰਜਾਬੀ: ਅਫ਼ੀਮ
polski: Opium
پښتو: اپين
português: Ópio
română: Opiu
русский: Опиум
संस्कृतम्: आफीनम्
sicilianu: Loppiu
Scots: Opium
سنڌي: آفـيم
srpskohrvatski / српскохрватски: Opijum
Simple English: Opium
slovenčina: Ópium
slovenščina: Opij
српски / srpski: Опијум
svenska: Opium
Kiswahili: Afyuni
தமிழ்: அபினி
тоҷикӣ: Афюн
ไทย: ฝิ่น
Tagalog: Opyo
українська: Опіум
اردو: افیون
oʻzbekcha/ўзбекча: Afyun
Tiếng Việt: Thuốc phiện
Winaray: Opyo
吴语: 大烟
中文: 鸦片
Bân-lâm-gú: A-phiàn
粵語: 鴉片