アビラ

Ávila

Ávila

アビラ県内アビラの位置

北緯40度39分00秒 西経4度41分00秒 / 北緯40度39分00秒 西経4度41分00秒 / 40.65000; -4.68333

アビラÁvila)は、スペインカスティーリャ・イ・レオン州アビラ県ムニシピオ(基礎自治体)。アビラ県の県都である。首都マドリードからは直線距離で西北西に約87kmの位置にある。「城壁と聖人の町」の別称で知られる[2]

町の名前の語源は、ローマ帝国時代に「白い小部屋(Alba cella)」と呼ばれていたワインセラーの名前が転訛した[3]、あるいは「イベロ人の地」に由来する[4]と考えられている。

歴史

ギリシア神話の英雄ヘラクレスによって町が建設された伝承が存在する[2]

紀元前6世紀から紀元前5世紀にかけては ベトン族が居住し、彼らの手による石像が残る[5]。ローマ帝国の植民都市アベラが町の起源であり、使徒ペトロの弟子による布教活動が行われた[6]714年にイスラム教徒の占領下に置かれるが、1085年カスティーリャ=レオンアルフォンソ6世によって奪還される。アルフォンソ6世によって町が奪還された後、アルフォンソ6世の娘婿ラモン・デ・ボルゴーニャの命令によって市街地を取り囲む城壁が建設された。

16世紀聖テレサらの修道院改革の中心地となり、「聖者たちのアビラ」の別称で呼ばれた[6]。聖テレサの活動により、町はカトリック信仰の拠点として知られるようになる[7]。同時代に起きたコムネロスの反乱では、町はスペイン王カルロス1世に敵対する立場についた。

17世紀初めに町に住むモリスコカトリックに改宗したイスラム教徒)が追放された後、経済活動が衰退した[6][8]1807年に大学が廃止されると、町の衰退は決定的になった[9]

他の言語で
aragonés: Ávila
العربية: آبلة
مصرى: اڤيلا
asturianu: Ávila
تۆرکجه: آبیلا
беларуская: Авіла
беларуская (тарашкевіца)‎: Авіля
български: Авила
català: Àvila
čeština: Ávila
Cymraeg: Ávila
dansk: Ávila
Deutsch: Ávila
Ελληνικά: Άβιλα
English: Ávila, Spain
Esperanto: Avilo
español: Ávila
eesti: Ávila
euskara: Ávila
estremeñu: Ávila
فارسی: آبیلا
suomi: Ávila
français: Ávila
Gaeilge: Ávila
Gàidhlig: Ávila
galego: Ávila
עברית: אווילה
hrvatski: Ávila (grad)
magyar: Ávila
Հայերեն: Ավիլա
interlingua: Ávila
Bahasa Indonesia: Ávila
Ido: Ávila
italiano: Ávila
한국어: 아빌라
Latina: Abula
lietuvių: Avila
latviešu: Avila
македонски: Авила
Bahasa Melayu: Ávila, Sepanyol
Nederlands: Ávila (stad)
norsk nynorsk: Ávila
norsk: Ávila
occitan: Ávila
ਪੰਜਾਬੀ: ਆਵੀਲਾ, ਸਪੇਨ
Kapampangan: Ávila
polski: Ávila
português: Ávila
Runa Simi: Avila
română: Ávila
русский: Авила
srpskohrvatski / српскохрватски: Ávila
Simple English: Ávila, Spain
slovenčina: Ávila
српски / srpski: Авила
svenska: Ávila
ślůnski: Ávila
Türkçe: Ávila
українська: Авіла
Tiếng Việt: Ávila
Winaray: Ávila
მარგალური: ავილა (ესპანეთი)
中文: 阿维拉
粵語: 阿維拉