アナイス・ニン

アナイス・ニン、1970年代

アナイス・ニン: Anaïs Nin、生まれた時の名は Angela Anais Juana Antolina Rosa Edelmira Nin y Culmell1903年2月21日 - 1977年1月14日)は、フランス生まれの著作家であり、11歳の時から死ぬ直前まで60年間以上にわたって書き継がれた日記を出版したことで著名である。また性愛小説家としても名高く、肉体的なことだけでなく、性の完全性と欠陥についても追求している。アメリカの著名な作家ヘンリー・ミラーの愛人であったことがその日記で明らかにされた。

最初の夫は銀行家であり芸術家でもあるヒュー・パーカー・ギラー (1898-1985)であり、1923年3月に20歳で結婚した。1955年にルパート・ポールとも結婚したがギラーとの結婚は続けていた。ポールは森林監督官であり、建築家フランク・ロイド・ライトの継孫でもあった。ギラーが死んだ1985年以降に、ポールによってニンの日記の無修正版が出版された[1]

生涯

アナイス・ニンはフランスのヌイイで両親ともに芸術家の家に生まれた。父親のホアキン・ニンキューバ[2][3]で、ピアニストかつ作曲家であった。母親のローサ・クルメル[4]もキューバ人で、フランス人とデンマーク人を祖先に持つ声楽家で、父親はハバナのデンマーク領事だった。父方の曽祖父はフランス革命のときにフランスを逃れ、初めにハイチ、続いてニューオーリンズに、最後はキューバに移り住み、キューバで最初の鉄道建設に貢献した。[5]両親が離婚すると、ニンの母親はアナイス・ニンと2人の息子トラバルド・ニンおよびホアキン・ニン=クルメルを連れてバルセロナからニューヨークに移住した。ニンの日記『第1巻、1931年-1934年』によると16歳の時に公式な勉学は捨てて、絵画モデルとして働き始めた。

1923年3月3日、キューバのハバナでギラーと結婚した(ギラーは1940年代にイアン・ヒューゴという名前で実験映画の制作者となる)。2人は翌年パリに移動し、ギラーは銀行業務の経験を積み、ニンは書くことへの興味を追求し始めた。ニンの作品で最初に出版されたものはD・H・ローレンスの評論『D・H・ローレンス:専門外の研究』であった。また心理療法の分野でも探求を初め、ジークムント・フロイトの弟子であるオットー・ランクなどを研究した。ニンの日記『第1巻、1931年-1934年』によると、パリにいる時にヘンリー・ミラーとボヘミアンな生活を送ったという。この編集された日記には夫に関する記述が無い。1939年、ニンとギラーはニューヨーク市に戻った。

ニンは3本の短編映画に出演している。マヤ・デレンの映画『変形された時間での儀礼』(1946年)に脇役で、ケネス・アンガーの『快楽殿の創造』(1954年)にアスタルト役で、そして夫のギラー(ヒューゴ)が監督した『アトランティスの鐘』(1952年)に出演した。3番目の映画の音楽を担当したのは、映画『禁断の惑星』の電子音楽で知られるルイス&ベベ・バロンだった。

ニンは1955年3月17日アリゾナ州クォーツサイトでルパート・ポールとの結婚に入り、2人でカリフォルニア州で生活した[6]。ギラーはニューヨーク市に留まっており、ニンが死ぬ1977年までこの結婚のことを知らなかった。ニンは創造的刺激を受けた作家としてしばしばジューナ・バーンズとD・H・ローレンスの名前を挙げていた。その日記第1巻では、ニンとヘンリー・ミラーがマルセル・プルーストアンドレ・ジッドジャン・コクトーポール・ヴァレリーおよびアルチュール・ランボーから刺激を受けたという。

他の言語で
العربية: أناييز نين
تۆرکجه: آناییز نین
беларуская: Анаіс Нін
беларуская (тарашкевіца)‎: Анаіс Нін
български: Анаис Нин
català: Anaïs Nin
čeština: Anaïs Nin
dansk: Anaïs Nin
Deutsch: Anaïs Nin
Ελληνικά: Αναΐς Νιν
English: Anaïs Nin
español: Anaïs Nin
eesti: Anaïs Nin
euskara: Anaïs Nin
suomi: Anaïs Nin
français: Anaïs Nin
galego: Anaïs Nin
עברית: אנאיס נין
hrvatski: Anaïs Nin
magyar: Anaïs Nin
Հայերեն: Անաիս Նին
Bahasa Indonesia: Anaïs Nin
italiano: Anaïs Nin
қазақша: Анаис Нин
kurdî: Anaïs Nin
Lëtzebuergesch: Anaïs Nin
македонски: Анаис Нин
Nederlands: Anaïs Nin
norsk: Anaïs Nin
occitan: Anaïs Nin
polski: Anaïs Nin
português: Anaïs Nin
română: Anaïs Nin
русский: Нин, Анаис
srpskohrvatski / српскохрватски: Anaïs Nin
Simple English: Anaïs Nin
slovenčina: Anaïs Ninová
slovenščina: Anaïs Nin
shqip: Anaïs Nin
svenska: Anaïs Nin
Tagalog: Anaïs Nin
Türkçe: Anais Nin
українська: Анаїс Нін
Volapük: Anaïs Nin