アッサム文字

アッサム文字
類型:アブギダ
言語:アッサム語
Unicode範囲:U+0980-U+09FFベンガル文字に統合)
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

アッサム文字(অসমীয়া আখৰ Ôxômiya Akhôr[1]アッサム語を表記するために使われるベンガル文字の変種である。ベンガル文字はブラーフミー系文字に属し、ベンガル語・アッサム語・ビシュヌプリヤ・マニプリ語などで使われる。17世紀までには、活字の次に出現した標準文字への道を開いた、3種類のアッサム文字のスタイルが明らかになっている(それぞれbaminiyakaitheliおよびgarhgayaと呼ばれる)[2]。現在の標準は2文字を除いてベンガル文字と同一である。

Buranjisアーホーム王国時代にアッサム文字を使い、アッサム語で書かれた。アッサム文字の最初期の証拠はCharyapadaという仏教歌に見られる。これは8世紀から12世紀の400年間をかけて編纂されたとされている。14世紀に、Madhava Kandaliはアッサム文字を使って、Kotha Ramayanaを書いた。これはサンスクリットで書かれたヴァールミーキの『ラーマーヤナ』以後、初めてインドの地方語に訳された『ラーマーヤナ』として有名である。後に、Srimanta Sankardevaは15世紀と16世紀にアッサム文字を使って彼の全作品を、アッサム語と、バクティの詩 (Borgeets) と演劇 (Ankiya naat) の言語であるBrajavali語で書き上げた。

アーホーム王Chakradwaj Singha1663年-1670年)は、自国でアッサム文字が刻まれた硬貨の発行を始めた最初の支配者であった(コインの見本は図を参照)。わずかな違いしかない類似の文字が、ベンガル語ベンガル文字)、マニプリ語およびシレット語の表記に使われている。

他の言語で
العربية: كتابة أسامية
অসমীয়া: অসমীয়া লিপি
asturianu: Alfabetu asamés
Bahasa Indonesia: Aksara Assam
Basa Jawa: Aksara Assam
Bahasa Melayu: Aksara Assam
ਪੰਜਾਬੀ: ਅਸਾਮੀ ਲਿਪੀ
پنجابی: آسامی لپی