アスガード (スターゲイト)

この記事は スターゲイト SG-1における架空のエイリアンについての記述である。

SFテレビドラマシリーズである スターゲイト SG-1において、アスガードアイダと呼ばれる別の銀河出身の高度に発達した好意的な種族である。アスガードは度々地球を訪れ、 北欧神話の元となったり、 ロズウェル事件を引き起こしたエイリアンでもある。彼らは4大種族の同盟の一員で、スターゲイト世界において最も発達した種族の1つであり、 ノックスそれとおそらく ファーリングスにしかライバル視されていない。敵は オーライで ゴアウルドはアスガードのことを敵とは考えずおそれている。技術レベルは大部分が死滅したか高みの存在へ昇華した エンシェントに次いで高い。

歴史

アスガードが最初に移り住んだ惑星は、アイダ銀河にある惑星オサラやハラである [1]

30,000年前

目的は不明だが、かつて仮死状態のクルーを乗せたあるアスガード船はアスガードの母星を去った。しかし、ナビゲーションコンピュータがどこかでダメージを受け、船は銀河間を漂流し、最終的には天の川銀河系を漂流していた(意図した目的地であるかは不明)。その船は最近アスガードの科学者により発見され、中にいたのは完全に保存されたアスガードの祖先であった。

10,000年前

アスガードは銀河系における4大種族の同盟の一員であった(他の種族はエンシェント、ノックス、ファーリングス) [2]

10,000年前から現在に至るまで

アスガードが警戒していたにもかかわらず、 ゴアウルドは銀河系における大きな脅威となり、ゴアウルドはこの間に人間を宿主として寄生を始めた。これにアスガードは立腹したが同時に、かつての偉大な種族であるアルテラ人(エンシェント)のような人間らしさは卓越した潜在能力であると認識したのである。アスガードとゴアウルドは戦争になったが、アスガードはアイダ銀河におけるより大きな脅威に対処するため撤退を余儀なくされる。

ゴアウルドに銀河系を完全に明け渡すのは気が進まなかったが、アスガードは様々な世界の人間を解放し、移住させ、自らの発達した技術を神の魔術としてしか理解できないような人間に対して守護神となるのであった(これが北欧神話の起源)。これらの惑星の安全を保障するため、アスガードとゴアウルドは不可侵協定に同意し、アスガードはゴアウルドに様々な利益を認め、ゴアウルドは人間に危害を加えるのを止めた。両種族がこの協定に他の惑星を含める事に、同意したとき拡大することができこのときに地球が含まれた。この条約は、より強力な敵であるアスガードを怒らせたくないとして、全てのゴアウルドが遵守する数少ない条約のうちの一つであった。

しかし、真のところ、この条約はアスガード側のはったりであった。アイダ銀河における脅威に気をとられてしまい、アスガードは度々ゴアウルドを圧倒する力を見せつけるだけで、条約を施行するほどの力は不足していた。

天敵レプリケーター

 アスガードが地球と銀河系をゴアウルドから守ることができなかったのは、より強大な敵である レプリケーターとの戦争のせいであった。レプリケーターはアスガードのエネルギー兵器にすぐに適応してしまうので、結果として戦争の大部分はレプリケーターを牽制するだけのものとなってしまう。しかし、 単純な化学反応を用いた地球人の小規模な質量兵器は、原始的ではあるものの、レプリケーターが適応することは難しいとわかった。地球人はアスガードよりも「愚かな考え」を思いつくのに長けているとして、SG-1は度々アスガードから救援要請を受けることになる。カーター少佐の「愚かな考え」により、最新のアスガード船である「オニール号」は、レプリケーターの追跡を受けるハイパースペース航行の最中に自爆し、レプリケーターを巻き添えにした [3]。トールはアスガードを代表して、レプリケーターを打ち負かした後には、アスガードはゴアウルドを打ち負かすためのあらゆる協力をすると約束をした。SG-1の助けにより、アスガードは全てのレプリケーターを何千年も閉じ込めておくという目的で時間膨張場へ誘き出すことに成功した(ただしレプリケーターにとっての数千年はアスガードや地球人にとってほんの数分にすぎない)。

しかしその2年後、レプリケーターは時間膨張装置を利用してアスガードに作られたブラックホールから逃げ出し、アスガードの新しい母星であるオーリラに攻撃を開始する。レプリケーター船がハイパースペースから出てシールドが機能するまでのわずかな間に攻撃するというヴァルハラのアジール司令官の抵抗も空しく、レプリケーターは生き残り、オーリラへ降り立ってしまう。その中に「フィフス」として知られる人間型のレプリケーターがいたのである。 エンシェントの知識保管庫から知識をダウンロードしたオニール大佐は、レプリケーターの細胞間コミュニケーション網を永久に破壊し、自己再生不能な構成要素にまで分解できる武器を作り出した。トールはその巨大版の作成に成功し、惑星オーリラの全てのレプリケーターを無力化するほど規模の大きい攻撃を行ったが、またしてもフィフスを含む多くのレプリケーターに逃げられてしまう。

生き残ったレプリケーターは次に、銀河系へと注意を向けた。彼らは対レプリケーター武器に適応できるため、アスガードは地球人やジャファへの救援にトールしか派遣できなかった。レプリケーターが最終的に破壊されたのは、地球人とゴアウルドのバールが協力して惑星ダカラに残されていたエンシェントの兵器を起動し、スターゲイトネットワークに干渉して銀河系内の全スターゲイトを同時に接続することで、銀河系に存在する全レプリケーターを原子レベルにまで破壊した時である。銀河系外に少数の生き残りがいるかもしれないという懸念もあったが、仮に生き残っているとしてもそんなに遠くては連絡をとる手段はないであろう。

レプリケーターを倒してから絶滅とその後

シーズン9最終話の「神に抗う者」(原題:「Camelot」)でアスガードは、スーパーゲイトを通じて侵攻してくるオーライ艦隊への攻撃を支援するが失敗に終わる。

スターゲイトSG-1シリーズの最終話「Unending」では、アスガードが行ってきた クローニングによって彼らの遺伝上の欠陥が回復不能な状態になっており、アスガード全員に広まっている致死性の遺伝病を直す事は最早不可能だということを、オーライと対決している地球人に伝えた。

アスガードは、自らの遺伝病によって苦しみながら死ぬよりも、故郷の惑星オーリラと共に滅ぶ方を選んだ。 彼らは、築き上げてきた技術と過ち(クローン技術の使用)を犯した歴史が自らと共に失われること、後に間違った者の手によって悪用されることも望まなかったので、「宇宙四大種族」に続く「五番目の種族」たり得る地球人に自らの全てを与えた。この決定に対し、アスガード内では反対意見も出されたが、ほとんどは賛成の立場をとった。

地球が所有する宇宙航行戦艦「オデッセイ」にアスガードの先進技術がインストールされた直後、アスガードテクノロジーに対するセンサーを有している3隻のオーライ船が惑星オーリラ付近に出現し、軌道上を周回していたオデッセイに対し攻撃を開始した。その攻撃を防いだオデッセイは、インストールされたばかりのアスガードテクノロジーによって反撃、無敵の防御力を誇っていたオーライ船を1隻沈めることに成功した。 その後、オデッセイに自らの技術を残すために来ていたアスガード達はオーリラへと戻り、SG-1が見守る中、惑星の爆発とともにアイダ銀河から滅んだ。

スターゲイト アトランティスの最終シーズン"The Lost Tribe"では、はるか昔にペガサス銀河へ移住したアスガードが登場する。しかし彼はアイダ銀河のアスガードが禁忌とした人体実験を行うことによって生き延びており、地球のアトランティス探検隊とは敵対する。

他の言語で
čeština: Asgardi
Nederlands: Asgard (Stargate)
srpskohrvatski / српскохрватски: Asgard (Stargate)
slovenčina: Asgardi
slovenščina: Asgardci
українська: Азгарди