アジュール (紋章学)

左半分が色彩による表現。右半分がペトラ・サンクタの手法による表現。

アジュール: Azure: Azur)は、紋章学における青色を表すティンクチャーであり、「原色 (colours) 」と呼ばれる種類のティンクチャーに属する。なお、ティンクチャーとは紋章学における紋様の要素である原色・金属色・毛皮模様の総称である。

古典的な白黒の印刷物や硬貨の刻印をはじめとする彫刻では色を表すことができないため、ペトラ・サンクタの方法 (System of Petra Sancta) と呼ばれる手法では、アジュールは水平の横線の領域として表される。さもなくば az.b. 又は bl. といった省略形で示されることがある。

アジュールは、次のようなものを表現するとされている[1]

  • サファイヤ(宝石)
  • 木星(天体) - 木星はさらに、伝統的な錬金術/神秘学の伝承において金属のスズと関係している。