アグラブ朝

アグラブ朝
アラビア語: الأغالبة
アッバース朝 800年 - 909年 ファーティマ朝
アグラブ朝の位置
首都 カイラワーン
アラビア語: القيروان
君主
800年 - 812年 イブラーヒーム1世(初代)
903年 - 909年 ズィヤーダ・アラーフ3世(最後)
変遷
成立 800年
滅亡 909年
カイラワーンの大モスク

アグラブ朝は(あぐらぶ ちょう、Aghalabid Dynasty、 アラビア語: الأغالبة‎ 、 800年- 909年)は アッバース朝支配下で現在の チュニジア地方の支配を認められたアグラブ王国(The Aghalabid kingdom)の王朝。国教は イスラーム教 スンナ派。首都は カイラワーン

歴史

建国

創設者は イフリーキヤマグリブ地方東部。いまのチュニジアを中心とする地域)の政局混乱を収拾し、チュニス駐屯軍(ジュンド(アラブ正規軍))の反乱を鎮圧してイフリーキヤに自立政権を樹立した イブラーヒーム・イブン・アグラブ英語版である [1]。アッバース朝の第5代 カリフである ハールーン・アッ=ラシードに金貨年4万ディーナールを貢納することでイフリーキヤ総督として認められ、カリフの宗主権を認めながらも独立した地方政権を北アフリカの地に確立した [2]。また、彼は フランク王国カール大帝ライオンなどの当時としては珍獣を贈っている。 初代のイブラーヒーム1世(在位: 800年812年)はあくまでアッバース朝より派遣されたアミールを称し、以後その後継者もアミールを踏襲したものの [* 1]、実態は自立して貨幣にはアッバース朝 カリフの名を刻まなかった [3]

発展期

アグラブ朝は、第3代の ズィヤーダ・アラーフ1世の治世に、 827年から シチリア島へ侵攻を開始し [4] ムスリムのシチリア征服イタリア語版英語版827年- 902年)、 シチリア首長国イタリア語版アラビア語版英語版831年 - 1072年)が成立、ヨーロッパ近海の制海権を掌握して諸島を征服し勢威を誇った。

全盛期

王朝としては第7代の ズィヤーダ・アラーフ2世のときに全盛期を迎えた。シチリア島の侵攻は902年にイブラーヒーム2世によって タオルミーナが攻略され征服が完了した [5]。キリスト教徒の信仰は尊重されたが、シチリア島西部ではムスリムの移住が進み、西部の中心都市である パレルモなどでイスラーム化が進んだ。

アグラブ朝の滅亡

909年に イスマーイール派ファーティマ朝の創始者となった ウバイドゥッラー(アブドゥッラー・マフディー  ( Ubayd Allah al-Mahdi Billah)の侵攻により、君主の ズィヤーダ・アラーフ3世が逃亡して滅亡した [6]

他の言語で
aragonés: Aglabí
العربية: أغالبة
تۆرکجه: اغلبی‌لر
български: Аглабиди
català: Aglàbida
Deutsch: Aghlabiden
Ελληνικά: Αγλαβίδες
English: Aghlabids
Esperanto: Aglabidoj
español: Aglabí
فارسی: اغلبیان
suomi: Aghlabidit
français: Aghlabides
עברית: אע'לבים
magyar: Aglabidák
Bahasa Indonesia: Aghlabiyyah
italiano: Aghlabidi
ქართული: აღლაბიდები
lietuvių: Aglabidai
Bahasa Melayu: Bani Aghlab
Nederlands: Aghlabiden
polski: Aghlabidzi
پنجابی: اغالبہ
português: Emirado Aglábida
română: Aghlabizi
русский: Аглабиды
sicilianu: Aglabbiti
Scots: Aghlabids
srpskohrvatski / српскохрватски: Aglabidi
slovenščina: Aglabidi
српски / srpski: Аглабиди
svenska: Aghlabider
Türkçe: Aglebiler
українська: Аглабіди
اردو: اغالبہ