アウト・オブ・ザ・ブルー (エレクトリック・ライト・オーケストラのアルバム)

アウト・オブ・ザ・ブルー
エレクトリック・ライト・オーケストラスタジオ・アルバム
リリース
ジャンルロック
時間
レーベルジェット・レコード(イギリスの旗
ユナイテッド・アーティスツ・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデュースジェフ・リン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(英国)
  • 4位(米国)
  • ゴールドディスク
  • 400万枚 (RIAA)
  • エレクトリック・ライト・オーケストラ 年表
    オーロラの救世主
    1976年
    アウト・オブ・ザ・ブルー
    (1977年)
    ディスカバリー
    1979年
    ミュージックビデオ
    「Turn To Stone」 - 「It's Over」 - 「Sweet Talkin' Woman」 - 「Mr. Blue Sky」 - 「Wild West Hero」 - YouTube
    テンプレートを表示

    アウト・オブ・ザ・ブルー』 (Out Of The Blue) は、1977年に発表されたエレクトリック・ライト・オーケストラ (ELO) のアルバムレコードでは2枚組4面だったが、CDでは1枚に収められている。

    本作は、その音楽性とアルバム・ジャケット(宇宙船のイラスト)から「スペース・ロック」とも呼ばれたが、ロックポップスの要素とストリングスの演奏が溶け合った作品である。メンバー7人によるELOの最後の作品であり(といっても、実質7人全員が参加した曲はほとんどない)、以後の作品では、ジェフ・リンの関心は、ストリングからキーボードへと移行し、さらにはよりシンプルなサウンドを目指すことになるのである。

    アルバムには「ターン・トゥ・ストーン」「ジャングル」「ミスター・ブルー・スカイ」のような楽曲もあれば、「哀愁の果て」「ワイルド・ウエスト・ヒーロー」などのバラードも収録されている。ジェフ・リンの高い作曲能力が全編で発揮されており、予約のみで400万枚以上を記録した。レコード第3面(CDでは10曲目「雨に打たれて」以降、13曲目「ミスター・ブルー・スカイ」まで)は「雨の日のコンチェルト」と名付けられ、楽曲がメドレーで続いている。