アイルランド総督 (ロード・レフテナント)

アイルランド
総督
(ロード・レフテナント)
Flag of the Lord Lieutenant of Ireland.svg
総督旗
呼称The Right Honourable
枢密院議員であることによる
官邸ダブリン城
任命者イングランド〜連合王国の君主
任期不定(君主の意向による)
創設1171年
最終代The Viscount FitzAlan of Derwent
廃止1922年12月6日
継承順位北アイルランド総督アイルランド自由国総督

アイルランド総督(アイルランドそうとく)、ロード・レフテナント・オブ・アイルランド英語:the Lord Lieutenant of Ireland[1])は、かつてアイルランド卿時代(1171年 - 1541年)、アイルランド王国時代(1541年 - 1800年[2])、グレートブリテン及びアイルランド連合王国時代(1801年 - 1922年)の間に、イングランドないしイギリスの君主の公式な名代、アイルランドにおける行政執行の長として置かれていた役職。なお「レフテナント」(/lefténənt/)とは lieutenantイギリス英語およびアイルランド英語における発音であり、アメリカ英語における「ルーテナント」(/luːténənt/)と同じである。

この役職は、様々な名称で呼ばれることがあり、「副王 (viceroy)」としても広く知られた[誰によって?]。「viceroy」はフランス語の「vice roi」つまり副王に由来し、その妃は「副王妃(ヴァイスレーヌ) vicereine」と称された。アイルランド統治の実権は、17世紀までは通常(日本語では同じく「アイルランド総督」と訳される)ロード・デピュティが、後にはアイルランド担当次官(Chief Secretary for Ireland:日本語では「大臣」と訳されることもある)が掌握していた。中世期においては、ロード・デピュティにはアイルランド人貴族が任じられる例もあったが、ロード・レフテナントの役職には、グレートブリテン出身の、通常は貴族が、任命された。

日本語では「アイルランド統監」と訳されることもある。