アイルランド総督 (ロード・レフテナント)

アイルランド
総督
(ロード・レフテナント)
Flag of the Lord Lieutenant of Ireland.svg
総督旗
呼称The Right Honourable
枢密院議員であることによる
官邸ダブリン城
任命者イングランド〜連合王国の君主
任期不定(君主の意向による)
創設1171年
最終代The Viscount FitzAlan of Derwent
廃止1922年12月6日
継承順位北アイルランド総督アイルランド自由国総督

アイルランド総督(アイルランドそうとく)、ロード・レフテナント・オブ・アイルランド英語:the Lord Lieutenant of Ireland[1])は、かつてアイルランド卿時代(1171年 - 1541年)、アイルランド王国時代(1541年 - 1800年[2])、グレートブリテン及びアイルランド連合王国時代(1801年 - 1922年)の間に、イングランドないしイギリスの君主の公式な名代、アイルランドにおける行政執行の長として置かれていた役職。なお「レフテナント」(/lefténənt/)とは lieutenantイギリス英語およびアイルランド英語における発音であり、アメリカ英語における「ルーテナント」(/luːténənt/)と同じである。

この役職は、様々な名称で呼ばれることがあり、「副王 (viceroy)」としても広く知られた[誰によって?]。「viceroy」はフランス語の「vice roi」つまり副王に由来し、その妃は「副王妃(ヴァイスレーヌ) vicereine」と称された。アイルランド統治の実権は、17世紀までは通常(日本語では同じく「アイルランド総督」と訳される)ロード・デピュティが、後にはアイルランド担当次官(Chief Secretary for Ireland:日本語では「大臣」と訳されることもある)が掌握していた。中世期においては、ロード・デピュティにはアイルランド人貴族が任じられる例もあったが、ロード・レフテナントの役職には、グレートブリテン出身の、通常は貴族が、任命された。

日本語では「アイルランド統監」と訳されることもある。

役割

総督は、君主の名代として、様々な役割を担っていた。

1800年連合法によってアイルランド議会が廃止される以前には、統治方針を述べる国王演説を総督(ロード・レフテナント)が読み上げていた。総督の統治は、恩典として爵位や勲位などの国家的栄誉を広く授けることを通して、アイルランド議会を実質的に支配していた。このように歴代の総督/副王たちが、議会を支配するために腐敗した手段を用い、権力を濫用したことは批判にも晒された。1777年7月のある日、総督の地位にあった第2代バッキンガムシャー伯爵 (John Hobart, 2nd Earl of Buckinghamshire) は、一挙に5人の子爵伯爵に、7人の男爵を子爵に陞爵させ、さらに、18人に新たに男爵を授けた[3]。恩典の授与権は、上下院の議員たちを懐柔して連合法への支持を得るために行なわれ、議会において連合法への反対から賛成へと立場を変えた者の多くは、その転向によって爵位や栄典を受けることとなった。