アイルランドの経済

アイルランドの経済
Liberty Hall Spire and Custom House brighter.jpg
ダブリン・シティ・センター
流通貨幣ユーロ
会計年度暦年
貿易機関欧州連合、 世界貿易機関経済協力開発機構
統計
GDP増加 183.8億ユーロ (Nominal 2014) [1]
増加 181.1億ユーロ (Real 2014)[1]
GDP順位44位 (nominal, 2013)
実質GDP
成長率
増加 4.8% (2014) [2]
1人あたりの
GDP
増加 39,873ユーロ (Nominal, 2014) [1]
部門別GDP第三次産業 (70.4%), 工業 (28%), 農業 (1.6%) (2013 est.)[3]
インフレ(CPI)減少-0.5% (CPI, Feb 2015)[4]
貧困線
以下人口
8.2% (consistent poverty in 2013)[5]
ジニ係数31.3 (2013) [5]
労働力人口減少 2.152 million (Q4 2014) [6]
部門別
労働人口
services (78%), industry (19%), agriculture (5%) (2011 est.)
失業positive decrease9.7% (June 2015) [7]
平均
税込給与額
2,752ユーロ / 3,508ドル、 monthly (2014) [8]
平均手取り額2,227ユーロ / 2,838,ドル、monthly (2014) [8]
主要産業
ビジネス環境
順位
13th[9]
貿易
輸出増加 89.07億ユーロ (2014)
主要輸出品
主要輸出
相手国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 22.2%
イギリスの旗 イギリス 15.1%
ベルギーの旗 ベルギー 13.2%
ドイツの旗 ドイツ 6.6%
スイスの旗 スイス 5.9%
フランスの旗 フランス 5.2%
オランダの旗 オランダ 3.8%
スペインの旗 スペイン 2.8% (2014)[10]
輸入増加€53.59 billion (2014)
主要輸入品
主要輸入
相手国
イギリスの旗 イギリス 32.2%
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 10.8%
ドイツの旗 ドイツ 7.9%
中華人民共和国の旗 中国 6.5%
オランダの旗 オランダ 4.9%
フランスの旗 フランス 4.7%
日本の旗 日本 3.2%
スイスの旗 スイス 2.3% (2014)[10]
減少€35.48 billion (2014)[10]
海外債務増加 € 1.721604 trillion (Nov 2014) [11]
減少-€176.5 billion (Sept 2014) [11]
財政状況
国庫借入金減少€203.2 billion (110.5% of GDP in 2014)[1]
減少€6.9 billion (−3.8% of GDP in 2014)[1]
歳入増加€63.8 billion (34.7% of GDP in 2014)[1]
歳出減少€70.7 billion (38.5% of GDP in 2014)[1]
経済援助Donor of ODA: $585 million (2010)[12]
Recipient of agricultural aid: $895 million (2010)[13]
信用格付けStandard & Poor's:[14]
A+(Domestic)
A+ (Foreign)
AAA (T&C Assessment)
Outlook: Stable
Moody's:[15]
BBB+
Outlook: Positive
Fitch:
A-
Outlook: Positive
外貨及び
金準備高
増加€ 1.649 billion (Mar 2015)[16]
主要出典: CIAワールドファクトブック
特に明記しない場合、数値の通貨単位はUSドル
アイルランドはヨーロッパの中で労働生産性が高い国の一つである。OECD, 2012年

アイルランドの経済(アイルランドのけいざい)では、アイルランド国民経済について記述する。

概要

アイルランド経済は他のヨーロッパ諸国と比べ小規模で、外国との貿易に大きく依存している。独立後は長らく近年まで欧州の最貧国のひとつであったが、1990年代に入ってから爆発的な急成長を遂げ、1995年から2000年経済成長率は10%前後であり、世界において最も経済成長を遂げた国のひとつであった。

以前に経済の中心をなしていた農業は産業の工業化により重要度が低下した。現在では工業はGDPの46%、輸出額の80%、雇用の29%を担っている。

2000年代前半のアイルランド経済の力強い成長は輸出が寄与するところが大きいが、国内における個人消費および建設、設備投資による影響も見逃せない。好調な経済に伴い2000年代初頭のインフレ率は4%から5%で推移していたが、2005年度には2.3%に低下した。アイルランド国民の関心を集めている住居価格は2005年2月で251,281ユーロであった。この時期の失業率は低水準を維持しており収入も順調に増加していた。しかし後述の通り、2000年代後半以降、金融不安等による経済環境の悪化で、失業率は再び10%を上回り、2011年から2012年には15%近くに達した[17]

世界の主要都市における調査によると、アイルランドの首都ダブリンは22番に物価の高い都市であり、2003年度の調査から2位上昇している[18]。アイルランドはEUの中でルクセンブルクに次いで人口あたりGDPが大きい国であり、これは世界においても4位に位置している。

他の言語で