アイスランド・クローナ

アイスランド・クローナ
íslensk króna(アイスランド語)
ISO 4217
コード
ISK
中央銀行アイスランド中央銀行
 ウェブサイトwww.sedlabanki.is
使用
国・地域
アイスランドの旗 アイスランド
インフレ率5.5%
 情報源The World Factbook, 2010
補助単位
 1/100eyrir
通貨記号kr
複数形krónur
 eyriraurar
硬貨1, 5, 10, 50, 100 krónur
紙幣
 広く流通500, 1000, 5000 krónur
 流通は稀2000 krónur

アイスランド・クローナ (アイスランド語: íslensk króna) は、アイスランド通貨単位である。略称はISK、複数形はクローヌル(Krónur)。補助通貨単位は「オイラル」で1クローナ=100オイラルだが、現在はまず使われない。

概要

2000年~2010年半ばの対ユーロレート

流通はアイスランド中央銀行が管理している。紙幣は500、1,000、2,000、5,000の4種類、硬貨は1、5、10、50、100の5種類が流通している。1クローナ≒0.94円(2015年11月17日現在)

コインには海の生物が描かれており、漁業が経済を支えてきた国ならではの硬貨と言える。10オイラルはイカ、50オイラルはエビ、1ISKは、5ISKはイルカ、10ISKはカペリン(=シシャモ)、50ISKは、100ISKはランプフィッシュとなっている[1]。また、1ISK以外の硬貨の裏にはドラゴン、肉食雄牛巨人の4体の生き物が描かれている。これらは、アイスランドの守護神「ランドヴェーッティル」である。13世紀にアイスランドで書かれた『ヘイムスクリングラ』にある、昔デンマーク王がアイスランド征服を図って魔法使いを派遣したところ、アイスランドの各方角にこの4体が存在していて征服をあきらめざるを得なかった、という伝承[2]に基づいている。なお、1ISK硬貨の裏側には巨人しか描かれていない[要出典]

最近、アイスランド・クローナの価値は下がりつつあるが、アイスランドの物価は現在も非常に高い状態を維持しており、またインフレ率も2008年現在、前年比10%以上を記録し続けている。

2008年秋にはサブプライムローン問題から発生した金融危機による、財政破綻や対外債務不履行への懸念から価値が急落している。2007年時点では1ドル約60クローナであったものが金融危機後には通貨暴落で125クローナとなり、為替市場でのその大幅なクローナ安のために輸出ドライブがかかり経常収支が大幅に改善、アイスランドの輸出額はGDPの59%にまで達し[3]、2011年度には3%を超える経済成長を記録するなど順調に景気が回復している。この通貨安は観光業に恩恵をもたらし、2011年度には約56万人の観光客がアイスランドを訪れその地で買い物をした。これは2010年度に比して16%の上昇である。

他の言語で
asturianu: Corona islandesa
azərbaycanca: İslandiya kronu
žemaitėška: Islandėjės kruona
беларуская: Ісландская крона
беларуская (тарашкевіца)‎: Ісьляндзкая крона
български: Исландска крона
বিষ্ণুপ্রিয়া মণিপুরী: আইসল্যান্ডিক ক্রোনা
bosanski: Islandska kruna
Esperanto: Islanda krono
Gaeilge: Króna
hrvatski: Islandska kruna
Bahasa Indonesia: Króna Islandia
íslenska: Íslensk króna
lietuvių: Islandijos krona
македонски: Исландска круна
Nederlands: IJslandse kroon
norsk nynorsk: Islandsk króna
português: Coroa islandesa
srpskohrvatski / српскохрватски: Islandska kruna
Simple English: Icelandic króna
slovenčina: Islandská koruna
српски / srpski: Исландска круна
українська: Ісландська крона
中文: 冰岛克朗
Bân-lâm-gú: Peng-tó króna
粵語: 冰島克朗