アイスホッケー

アイスホッケー: ice hockey)は、天然または人工氷のスケートリンク上で、スケート靴を履いて行う団体スポーツ競技である。陸上で行われるホッケーの形式を氷上に持ち込んだものである。2チームが長方形(楕円形)をしたリンクの中で、スティック (Ice hockey stick(長い柄の先端部分に角度をつけ湾曲させた杖状の用具)を用いて硬質ゴムでできた扁平な円柱状の パックを打ち合い、相手方のゴール (Goal (ice hockey)に入れることでその得点を競うゲームである。『氷上の格闘技』とも呼ばれている。漢字を当てて氷球(ひょうきゅう)と表記される。

2006年トリノオリンピックの試合の模様(動画)

スケートを用いるため、グラウンド上の同種競技と比べ格段に早いスピードが出てゲームをスリリングなものにするが、接触等による危険が高いため全身に防具を装着してプレーを行うことが義務づけられている。

アイスホッケーが盛んな国として、世界ではカナダアメリカ合衆国ロシアスウェーデンフィンランドチェコスロバキア1993年以前、前2国はチェコスロバキア)、ベラルーシラトビアスイスなどを挙げることができる。冬季オリンピックなどでこの競技を統括する国際アイスホッケー連盟(IIHF)の加盟国(または地域)は2015年現在で74カ国に及ぶ。

歴史

『氷上の光景』Hendrick Avercamp (1585-1634)

アイスホッケーの起源については、さまざまな説がある。

16世紀のオランダの絵画(例えば、Romeyn de Hooghe や Hendrick Avercamp の作品)には凍結した運河の上で、市民がホッケーに似たようなスポーツを行っている光景が描かれている。もっとも、これらの絵画で描かれているスポーツは、ホッケーというよりはむしろゴルフポロに近いとする説もある。

スコットランド発祥の シンティ(Shinty)、アイルランド発祥のハーリング(Hurling)、ネイティブアメリカンのチペア族のプレイしたバゲタウェイ(Baggataway)などのスポーツが起源であると考える説もある。これらのスポーツについて近代的なアイスホッケーとの主な相違点を挙げると、シニーやハーリングにあってはゴーリーが不在、[1]。このほかにもホッケーの原型に当たる競技として、イングランドのバンディ(Bandy)やフィールドホッケー(Field Hockey)、カナダのシニー(Shinny)やリケット(ricket、ノバスコシア)、米国のアイス・ポロ(Ice polo)などが挙げられる。

1763年フランスからカナダ領土を勝ち取ったイギリス人兵士達は、フィールドホッケーの経験と、ノヴァスコシアの原住民が行っていた競技、ラクロスを組み合わせ、凍結した河川、湖、池などでカナダの長い冬の慰みとしたと伝えられる。フィールドホッケーのボールは余りにも飛びすぎて危険だったため、ボールを小さめにして飛ばないように工夫をされたという。またサッカーやフィールドホッケーと同じくゴールの代わりとして氷柱を代用したり、また両チームが均等な人数ならば試合が可能とされていた時代もあった。

近代的なアイスホッケーの起源のみに限定しても、カナダのモントリオールとする説の他、キングストン、ウインザー、ノヴァスコシアなどもその発祥地として名乗りを上げている。

初期の屋内リンク

今日行われるような屋内でのアイスホッケーのルーツは19世紀、カナダフィールドホッケーを氷上で行った遊びにあるとされている(モントリオール市の公報には、1875年3月3日に初の屋内試合が行われたとの記録がある)。

1877年には、マギル大学の学生であった、ジェームス・クライトン、ヘンリー・ジョセフ、リチャード・F・スミス、W.F.ロバートソン、W.L.マリー、フランク・パトリック、 レスター・パトリックらが、乱雑であった試合に意味を持たせるため[2]。ルール整備によってゲームが洗練されると、アイスホッケーの人気は高まり1883年にはモントリオールの冬祭り(Winter Carnival)の行事に組み込まれるようになった。

この前後からアイスホッケーはカナダ各地で実施されるようになり、1887年にはオンタリオ州でアイスホッケーのリーグ戦も開催された。さらに1896年にはアメリカでも公式戦が開催され、1897年にはカナダ・モントリオールで現在のルールが制定されるなど、アイスホッケーは北米を代表するウィンタースポーツとしての地位を確立した。

1888年に時のカナダ総督スタンレー卿は、この冬祭りを見物した折にこの競技に感銘を受けて、ベストチームに優勝杯を贈ろうと考えたとする説がある(もっとも、彼の妻や子供達の方がこの競技に熱心であったという説も有力である。)。これが今もNHLの優勝チームに授与されるスタンレー・カップの起源とされる。なお、スタンレー卿の子供が本国のイギリスにアイスホッケーに関する知見を持ち帰って、そこからヨーロッパにこの競技が広がったといわれる。

世界初のプロ選手によるリーグ戦ナショナルホッケーリーグ(NHL)は1917年度からカナダで開始され、以来毎年11月から翌年6月にかけてアメリカ、カナダの各地で氷上の格闘技といわれる激戦の数々を開催してきた。また1997年のシーズン開幕戦は初めての海外興行として日本の東京(代々木第1体育館)で「バンクーバー・カナックス vs マイティーダックス・オブ・アナハイム」の試合が開催された。

オリンピックで初めてアイスホッケー競技が実施されたのは、1920年のアントウェルペン(アントワープ)大会。当時はまだ、冬季オリンピックが実施されておらず、夏季オリンピックで実施された。次の1924年大会から冬季オリンピックが開催されたため、アントワープオリンピックのアイスホッケー競技は、夏季オリンピックで実施された唯一の大会である。

第18回長野冬季オリンピックからプロ選手の出場が認められており、現在でも冬季オリンピックの大会中でもメイン競技のひとつに挙げられている。

他の言語で
Afrikaans: Yshokkie
العربية: هوكي الجليد
azərbaycanca: Buzüstü xokkey
башҡортса: Шайбалы хоккей
Boarisch: Eishockey
žemaitėška: Leda rėtolīs
беларуская: Хакей з шайбай
беларуская (тарашкевіца)‎: Хакей з шайбай
български: Хокей на лед
বাংলা: আইস হকি
bosanski: Hokej na ledu
čeština: Lední hokej
Cymraeg: Hoci iâ
dansk: Ishockey
Deutsch: Eishockey
English: Ice hockey
Esperanto: Glacihokeo
eesti: Jäähoki
euskara: Izotz hockey
føroyskt: Íshockey
français: Hockey sur glace
Frysk: Iishokky
עברית: הוקי קרח
हिन्दी: आइस हॉकी
Fiji Hindi: Ice hockey
hrvatski: Hokej na ledu
magyar: Jégkorong
Bahasa Indonesia: Hoki es
Interlingue: Hockey sur glacie
íslenska: Íshokkí
한국어: 아이스하키
Lëtzebuergesch: Äishockey
Limburgs: Ieshockey
lietuvių: Ledo ritulys
latviešu: Hokejs
олык марий: Шайбан хоккей
македонски: Хокеј на мраз
मराठी: आइस हॉकी
Bahasa Melayu: Hoki ais
नेपाल भाषा: आइस हकी
Nederlands: IJshockey
norsk nynorsk: Ishockey
norsk: Ishockey
português: Hóquei no gelo
саха тыла: Муус хоккей
Scots: Ice hockey
srpskohrvatski / српскохрватски: Hokej na ledu
Simple English: Ice hockey
slovenčina: Ľadový hokej
slovenščina: Hokej na ledu
Gagana Samoa: Hockey
српски / srpski: Хокеј на леду
svenska: Ishockey
ślůnski: Ajshokej
Türkçe: Buz hokeyi
татарча/tatarça: Алкалы хоккей
українська: Хокей із шайбою
اردو: آئس ہاکی
Winaray: Ice hockey
ייִדיש: אייז האקי
中文: 冰球
Bân-lâm-gú: Peng-kiû
粵語: 冰球