アイギーナ

17世紀、オランダの画家フェルディナント・ボル作、『ゼウスの到着を待つアイギナ』。マイニンゲン博物館(de)所蔵。
アイギーナ島。アイギーナはゼウスによってこの島に連れ去られた。

アイギーナ古希: Αἴγινα, Aigīna, ラテン語: Aegina)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してアイギナとも表記する。アイギーナ島の名の由来とされる[1][2][3]

アイギーナは河神アーソーポスメトーペーの娘の1人で[1][3]ピンダロスによればテーベーと双子の姉妹、アーソーポスの末の娘である[4]ゼウスとの間にアイアコス[1][2][3][5]、アクトールとの間にメノイティオスを生んだ[6]

他の言語で
беларуская: Эгіна
brezhoneg: Aigina (nimfenn)
čeština: Aigína
dansk: Aigina
Deutsch: Aigina
Bahasa Indonesia: Aigina
lietuvių: Aigina
norsk: Aigine
polski: Ajgina
português: Egina (mitologia)
русский: Эгина
srpskohrvatski / српскохрватски: Egina (mitologija)
slovenčina: Aigina (nymfa)
српски / srpski: Егина (митологија)
svenska: Aigine
Türkçe: Aegina
українська: Егіна (німфа)
中文: 埃癸娜