りんくう常滑駅

りんくう常滑駅
駅舎(南口)
駅舎(南口)
りんくうとこなめ
RINKŪ TOKONAME
TA22 常滑 (1.6km)
(2.6km) 中部国際空港 TA24
所在地愛知県常滑市りんくう町二丁目3
駅番号TA  23 
所属事業者名古屋鉄道
所属路線空港線
キロ程1.6km(常滑起点)
神宮前から30.9km
駅構造高架駅
ホーム2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,275人/日
-2016年-
開業年月日2005年平成15年)1月29日
テンプレートを表示

りんくう常滑駅(りんくうとこなめえき)は、愛知県常滑市りんくう町にある、中部国際空港連絡鉄道(第三種鉄道事業者名古屋鉄道が第二種鉄道事業者として列車を運行する)空港線。駅番号はTA23

歴史

中部国際空港の開港に合わせて、愛知県が埋立造成した地域開発用地「中部臨空都市」の空港対岸部(いわゆる「前島」)に位置する。駅設置計画時の仮称は前島駅であった。

空港線2004年10月16日に暫定開業した。当時運行されていた空港関係者限定列車はすべて当駅を通過していたが、2005年1月29日の一般向け正式開業と同時に停車するようになった。開業時の日中は急行が毎時2本停車するだけだったが、その後普通列車も一部の時間帯に増発(正確には常滑止まりだったのを一部中部国際空港まで延長)され、急行または準急と合わせて毎時4本停車する時間帯が増加した。

他の言語で