はやぶさ (探査機)

小惑星探査機 はやぶさ
(MUSES-C)
Hayabusa hover.jpg
はやぶさの着陸想像図
所属宇宙科学研究所 (ISAS)
宇宙航空研究開発機構 (JAXA)
主製造業者NEC東芝スペースシステム
公式ページ小惑星探査機「はやぶさ」MUSES-C
国際標識番号2003-019A
カタログ番号27809
状態運用終了
目的イオンエンジンの実証試験・
小惑星の探査・
サンプルリターン
観測対象小惑星イトカワ
(25143 Itokawa)
計画の期間約4年間(当初)
7年間に延長
打上げ場所内之浦宇宙空間観測所
打上げ機M-Vロケット 5号機
打上げ日時2003年5月9日
13時29分25秒
ランデブー日2005年9月12日
軟着陸日2005年11月20日26日
運用終了日2010年6月13日
物理的特長
本体寸法約1 m × 約1.6 m × 約2 m
最大寸法5.7 m
(太陽電池パドル翼端間)
質量約510 kg(打ち上げ時)
発生電力2.6 kW
(太陽から1.0AUにおいて)
主な推進器イオンエンジンμ10
(8 mN / 3,400秒) × 4
姿勢制御方式3軸姿勢制御
主な搭載装置
AMICA可視分光撮像カメラ
ONC-T望遠光学航法カメラ
ONC-W広角光学航法カメラ
LIDARレーザ高度計
NIRS近赤外線分光器
XRS蛍光X線スペクトロメータ
ターゲット
マーカ × 3
小惑星タッチダウン用の人工目標物
うち1個は88万人分の名前入り
サンプラー
ホーン
サンプルリターンサンプラー
再突入
カプセル
サンプル格納用耐熱容器

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてんはるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。

イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測して[注釈 1]サンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億 kmの旅を終え、地球大気圏再突入した[3]地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した。

他の言語で
العربية: هايابوسا
bosanski: Hayabusa
català: Hayabusa
čeština: Hajabusa (sonda)
Ελληνικά: Χαγιαμπούσα
English: Hayabusa
Esperanto: Hajabusa
eesti: Hayabusa
فارسی: هایابوسا
galego: Hayabusa
עברית: היאבוסה
Bahasa Indonesia: Hayabusa
italiano: Sonda Hayabusa
Lëtzebuergesch: Hayabusa (Raumsond)
latviešu: Hayabusa
Bahasa Melayu: Hayabusa
Nederlands: Hayabusa (sonde)
norsk nynorsk: Hayabusa
norsk: Hayabusa
português: Hayabusa
română: Hayabusa
Simple English: Hayabusa
slovenčina: Hajabusa
தமிழ்: ஹயபுசா
Türkçe: Hayabusa
українська: Хаябуса
中文: 隼鸟号