はさみ (動物)

カニのハサミ 写真上部に一対のハサミ状の第一脚が見える
カブトガニは口の前の体節に備わる鋏角はもちろん、5対の歩脚の先端がすべてハサミ状をなしている。ただし、末尾の歩脚だけは3本指状の構造を採る

動物に見られるハサミ)とは、 カニの第一脚のように紙や布を切る道具( はさみ)と似た構造を言う。

カニのハサミ

カニの第一脚の先端は、先端が二つに割れ、動かせるようになっており、その形は確かにハサミに見える。これは、先端の節とその次の節から伸びる突起から形成されるもので、両者の間で挟むように動かせる。一般に刃は着いていないので、ハサミというよりは、 ペンチピンセットのような働きが主体である。

より詳しく見ると、先端の節は細くてやや曲がった棒状になっている。それに次ぐ節は大きく膨らんで、多量の筋肉を収める。節足動物の附属肢の関節は、それぞれに一定方向にしか動かない。第一節の動く方向の側の第二節の端の部分から第一節と同じくらいの長さの突起が出て、第一節と向かい合うようになっている。この突起と第一節が鋏の刃に当たる。第一節の腱が第二節に入り込み、ここに多くの筋肉が付着し、これを引っ張ることでハサミの開閉が行われる。つまり第一節の側が動き、第二節の突起は動かない。そこで、第一節を可動指、第二節の突起を不動指とよび、第二節の中央部を掌部ということもある。

ハサミはえさとなる生物をつまみあげ、捕捉し、あるいは殻を粉砕したうえで、食べられる部分を裁断、引きちぎるのに用いられる。また、敵を攻撃する際や、防御のため、さらには シオマネキ類や チゴガニ類のような スナガニ科でよく見られるように、異性をめぐる闘争やそれに関係したダンスなどのデモンストレーションにも用いられることがある。

他の言語で
العربية: كلاب (عضو)
čeština: Klepeto
English: Chela (organ)
español: Quela
galego: Quela
italiano: Chela
português: Quela (zoologia)
română: Chelă
русский: Клешни
粵語: 鉗 (動物)