くちばし

鳥類の様々なくちばしの形状

くちばし、喙、觜)とは、 鳥類他の採食器官で、上下の顎が突出し、口周辺がひと繋がりの 角質の板によって硬くなったもの。頭部の他の部分から滑らかに続くものもあるが、鳥類ではその間に区別がある。 のような柔軟性がないが、硬いために突いたりする際には効果が大きい。一般には鳥のそれを指す。

概説

食物を食べるための器官としては 動物のひとつであるが、鳥類では前肢が付属肢としての機能を持たないため、くちばしは食事の他にも、毛づくろい( グルーミング)をしたり、物をつまんだり、捕食対象を殺傷する、食物を探す、求愛行為、雛(ひな)に餌を与える、等の様々な用途に使用される。そのため、くちばしの形はその鳥の生活と深い繋がりがあり、それによってくちばしの形も様々な適応を示す。したがって、くちばしの形は鳥の大きな特徴であり、 ハシマガリチドリオオハシ科の鳥、 ヘラサギの仲間などの鳥は、非常に特殊な形状のくちばしを持っていることからその名が付けられている。また、 ハチドリなどにも変わった形のくちばしのものがある。

鳥類以外にも、 哺乳類カモノハシ爬虫類の一部に見られ、 恐竜にもくちばしを持ったものがいた( 後述)。

また、鳥類以外の生物一般においても、先端や開口部が特に突き出している場合に、それを嘴状という例がある。たとえば サヨリダツにおいて上下のあごの先端がそれぞれ単独に突き出したものをクチバシという。 タツノオトシゴのように上下合わせて筒のように延びる場合には という。 イルカにもクチバシがあり、これはイルカと クジラの区別点とされることがある。 スゲ属植物では果胞に嘴があるかどうかは重要な特徴とされる。

他の言語で
العربية: منقار
žemaitėška: Snaps
беларуская: Дзюба
беларуская (тарашкевіца)‎: Дзюба
български: Клюн
bosanski: Kljun
català: Bec
čeština: Zobák
dansk: Næb
Deutsch: Schnabel
Ελληνικά: Ράμφος (πτηνά)
English: Beak
Esperanto: Beko
eesti: Nokk
فارسی: منقار
suomi: Nokka
français: Bec
Frysk: Snaffel
Gaeilge: Gob
galego: Peteiro
עברית: מקור
हिन्दी: चोंच
hrvatski: Kljun
magyar: Csőr
Bahasa Indonesia: Paruh
Iñupiak: Sigguuk
Ido: Beko
italiano: Becco
ქართული: ნისკარტი
қазақша: Құс тұмсығы
한국어: 부리
lingála: Ekóngó
lietuvių: Snapas
latviešu: Knābis
Bahasa Melayu: Paruh
Nāhuatl: Tehuitztli
Napulitano: Pizzo
Plattdüütsch: Snavel
Nedersaksies: Sneb
Nederlands: Snavel
norsk nynorsk: Nebb
norsk: Nebb
occitan: Bèc
پنجابی: چنج
português: Bico
Runa Simi: Chhukruna
română: Cioc
armãneashti: Dintanâ
русский: Клюв
саха тыла: Тумус
sicilianu: Pizzu (mascidda)
Scots: Beak
srpskohrvatski / српскохрватски: Kljun
Simple English: Beak
slovenčina: Zobák
slovenščina: Kljun
српски / srpski: Kljun
svenska: Näbb
Türkçe: Gaga
українська: Дзьоб
Tiếng Việt: Mỏ (chim)
მარგალური: ნინძგი
中文:
粵語: