かめはめ波

かめはめ波(かめはめは)とは、鳥山明漫画ドラゴンボール』に登場する架空の技である。

概要

亀仙人が編み出した、体内の潜在エネルギーを凝縮させて一気に放出させる技。孫悟空の得意技であり、作品を代表する技のひとつである。亀仙人によれば、この技を会得するには50年の修行が必要とされるが、悟空は威力こそ大きく劣るものの見よう見まねで放った[1]。やがてヤムチャクリリン孫悟飯孫悟天といった多くの戦士たちも使い手となった(その他の使い手は#主な使い手参照)。

本編での初披露は、「亀仙人のかめはめ波!!」[2]にて亀仙人がフライパン山の火事を消すために放ったものであり、攻撃技としてではなかった。なお、この際に火事は消えたものの、亀仙人が張り切りすぎたため同時にフライパン山も吹き飛んでしまった。

名前の由来はハワイ王国カメハメハ大王から。鳥山が技の名前を考えていたとき、鳥山の妻である、みかみなちが提案したものを、「ばかばかしくて亀仙人らしい」と採用した[3][4]

他の言語で
العربية: كاميهاميها
español: Kame Hame Ha
euskara: Kame Hame Ha
français: Kamé Hamé Ha
српски / srpski: Kamehame talas
中文: 龟派气功